読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

009-009

ロングロングプロフィール

淘汰されていく私たち

もういい歳だから、周りの女の子たちは当然のようにケッコンを意識し始めている。私は来年27になる。

高校時代、友人に子供がほしくないかと訊かれたことがある。「別に」みたいな、曖昧な返事をしたような気がする。適齢期を迎えれば、自然と母性というのがどこからともなく湧いてきて、無条件に子供がほしくなるものだ思っていた。実際、周りの女の子たちは子供がほしいほしいと言う。男の子ですらそんな雰囲気を醸し出し(?)始めたものだからたまったものではない。来年27になる。それにしても、私には一向にそんな気が起こらないものである。

結婚とか、出産とか、育児とか、住宅ローンや親の介護なんて、遠い遠い星での話のように思える。私はなんだか、みんなと同じ次元に生きられないような気がする。それらすべてに嫌気が差しているし、なんとかして一人でイビザにでも逃げたいとか思っちゃう。行っちゃおうかな。イビザへ行っても同じかな。

 

この世のすべての生き物が子孫を繋ぐ為に生まれてくるのだとしたら、私はとんだ欠陥品だ。

でも、大昔からそうあったように、弱者は淘汰されていくのが自然の掟なのだと思えば、気が楽になる。先のことは決め付けにくいけれど、私がこうやってうだうだととぐろを巻いている間に時間は流れて、いつか家系図を止めてしまうことになるんだろう。

申し訳ないような、それで良いような。

 

淘汰されるべき遺伝子?私は絶滅危惧種かもしれないと、女子会の最中にふんわり思いを馳せるのです。