009-009

ロングロングプロフィール

定期健康診断へ行ってきた。決まって休みの日に受診するんだ。これこれこういう理由で何時間抜けますとか、有給を取らせてくださいとか、会社の人に伝えるのが億劫だから。他人に伝わるように頭の中で文章を組み立て、タイミングを見計らい、立ち姿を決め(予め立ち姿を決めておかなければ両手の位置とか困ってォョォョしてしまうんだ)笑顔を作り一言一句漏らさずアウトプットする。許可を得る。笑顔で礼を言って違和感なく席へ戻る。それがとても大変だから。だから休みの日に定期健康診断へ行くんだ。分かった?

レントゲン写真が変だった。他はまあ問題ない部分は問題ないし、異常な部分は異常なままだった。けどレントゲン写真が変だった。ブレブレなの。明らかにブレて骨の本数倍になってるのに医者「見た感じ異常ありませんね」って言ってる。骨が倍じゃん。なんで?あと思ったより心臓大きくて汗かいた。でも私ってあれじゃん会話すればするほど事態をこんがらがしてしまうタイプだから、だから汗かきながら「なるほど」とわかった風なコメント残しといた。いかに私という個体が時代に依存する一過性の微小な存在であるか知らしめさせられたこの頃であったよ。だけどどうせ死ぬのにレントゲン写真撮ってくれてありがとうな。レントゲン技師ありがとうな。

汗といえば採血もビビったな。黒いのよ血が。彼岸花みたいに透明感があって真っ赤なやつイメージしてたのに残念ながら黒いの。毎度のことながら、毎度ビビるね。内臓とか、骨もそうだけどビジュアルがマズいんだよね。中2のとき美術の課題を徹夜でやってたら間違って彫刻刀で親指の付け根彫っちゃったんだよ。すると液体固体色々出てきてコンニチハってすったもんだがあったもんだがどういうわけか冷静で、まともな理性をもって「これを全部引っ張り出そう」とひらめいた夜があったんです。私はね信じられなかったんだよ。自分が袋であり、中身が詰まっていることを。理科の授業で習ってはいたけれど、なぜか、私にはないと思い込んでいたのだよ。というとライチ☆光クラブを連想されるかもしれないけれどそんなこともない。私はただ、自分の身体が切っても切っても金太郎飴みたく表面と同じ色をしていればいいなと願っていたんだ。変だね。それなのに液体固体大豊作ときたものだから気に入らなかった。それで、この切れ目から全部引っ張り出して空っぽにしようと、まともな頭で考えたんだ。痛すぎて、あと眠すぎて無理だったんだけど。(そういう問題でもないような?)

今でも断面図とか血液とか見せられると思う、引きずり出して空になりたいと。私の理想となんか違うから。そういう話。