009-009

ロングロングプロフィール

パルプ・フィクション

クエンティン・タランティーノの最高傑作と呼ばれるこの映画「パルプ・フィクション」昨日まで知らなかったが今夜から私はパルプ・フィクションを知る女の仲間入りさ。マリア・デ・メディロス(配役はブルース・ウィリス演じるボクサーのブッチの彼女)むちゃ可愛い。来世なるメモに書き留めた。とりあえずそれソー・ソー・インポータントね。あんまり女のタイプ合う人周りにいないから画像添付はやめとくわ。ああいう容姿の女が好き。自分は可愛くて愛されてるって自信がオーラに形を変えて彼女を包み込んでる。白色の肌、ガラスのような瞳、瞳を包囲する繊細なまつ毛。彼女にはずっと朝日がお似合いです。っとここにつらつら女の趣味を書いていたんじゃ本題に戻れない。

タイトルから分かるようにパルプフィクション即ち質の悪い紙に刷られたくだらない作り話。それを3時間?覚悟はしていたがわりと肘や肩がばきばきになった。いわゆる群像劇で主人公はいない。登場人物が3つのストーリーの中で関わりを持ち合うの。私の拙い説明なんかじゃ理解できないだろうからそこは映画を観て知って。この映画を観て私が感じてたのは苛つき。終始苛ついてた。感情移入したのではなく、彼らの議論の無駄さに深いため息をついたり、ピンチなときに手間取って感情的に問い詰める女を見てゴタクはもういい〜!一分一秒を争うんじゃ!自分の置かれてる状況を素早く受け止めろ!犠牲は最小限に留めろ!出発!あとは出発!出発するだけなんじゃ!乗らんか!お前が乗らんとこの話は動かへんのや!ウワーーーーーーーッ!!という、明らかに映画を観る者の視点として最後まで焦り続けていました。終始心で(いいから!今はそんなことどうでもいいから早く!急いで!モタモタしないで!)と怒鳴っていた為精神がぐったりとしてしまいました。現実はそう上手いこと行かず、会話だってこんなナチュラルに脱線して続いちゃうんだよ、本筋ほったらかしてでも。とでも主張したげな本作は、もちろんそこが良いのだと言う人もいれば私のように気をもみすぎてやわらかくなってしまった人たちもいるかもしれない。ちなみにあえて時系列をシャッフルし後半から回収して謎を残さないさっぱり感は大好きなんだ。助かってほしい人はみんな助かったし、登場人物の人生はこれからも続いていく。この無駄な日常会話たちもすべて彼らの人生の一部と考えればまあ許せる。趣もあるしね。未来にちょっと希望を持てるラストでまあ、よかった。フーン、明日もよろしくってな感じで映画は終わった。この映画にさよならはない。続きは私の生活の中にきっと見つけられる。