009-009

ロングロングプロフィール

銀色のまばたき

なんだかんだで他人と居過ぎたのだと思う。最悪な話をするけど私の年収は思ってたより断然少なくて腰を抜かしたよ。毎月ちょっきし使い切る。服も化粧品も買わない。髪も二ヶ月に一回しか揃えに行かない。Wi-Fiだってデータ通信制限のあるプランで契約している。自炊してるのに、そんな贅沢してないのに、妙だと思ってた。私もうだめなのかなあと。この三ヶ月で恋人とほとんど会わなくなって、友達の付き合いもゼロになった。意図的にではなく、単に相手にもその気がなかったのだと思うけれど。すると不思議なことにお金が貯まっていく。ちょっと余裕ができたらこれまで怠っていた美容のことやファッションのことに目を向けるようになる。美容部員の頃と同じだ。不定休で平日にしか休みを取れず、当然予定の合う友達もおらず、それはそれは孤独な休日だった。楽しかったのはうんとメイクに時間をかけて着飾って街をふらふら歩くこと。デパートで色物コスメを買ったり、ブランド古着屋で服を選んだりした。それは誰かのためじゃない。このメイクで、この服を着た私ってどんななんだ?という好奇心を甘やかしてホイホイ与えていたに過ぎない。物を手に入れた日は楽しい。子供の玩具と同じだ。物のことだけ考えてわくわくしていればいい。その間だけは孤独も不安も飛んでいくから。

今になって化粧品も服もそんなに好きじゃないような気がしていたが、孤独になるとまたこれに走ってしまい、これまで抑圧されていただけで、実は趣味だったんじゃないのおなんて自分自身に気づきを得る。

そういえば赤いアイカラーを塗ったら「そういう奇抜なメイクは苦手」とわざわざ口に出して言われたのでよっぽどだったのだろうが「私は好き」とトンチンカンな返事をして両者とも黙り込んでしまったことがある。なんとなくそれ以来ブラウンのアイカラーとピーチピンクのチークしか使わなくなって、君はそれで良いって言う。たとえ私が涙袋にビビッドピンクのカラーを乗せたくても。緑色のまつげを着けたくても。だから君のいない日にそっと自分に変身する。人生にはこんな日がたくさんなきゃならないと思うんだ。それで君は明日、誰の人生を生きる?

広告を非表示にする