読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

009-009

ロングロングプロフィール

温めて

指先の体温はその日の気温によって変わる。水のような生き物です。周りと同化して、私が誰かってことをときどき忘れてしまいそうです。私の手が冷めているのをかわいそうに思った彼が自分の手袋を手渡してくれた。持って帰ってもいいそうです。お言葉に甘えて。ありがとう、でもこれからも使わず大切にとっておくね。冬の寒い空気に生身を晒す。これは少しの自虐行為、私の趣味。でもありがとう。

 

巷では就活が解禁したとか、なんとか。社会人として何か言いたいことがあるような気がしてふとブログを立ち上げたんだけど無いわ。本当に無いわ。人間には気をつけろ。そのくらいです。幼稚園、小学校、中学校、高等学校。私にはここまでの学歴しかない。時間割を与えられた生活。人間が同じ箱の中に詰められて、同じことをやらされて、その小さな箱の中で競わされる。ヘンな世界だって思ってた。同じ箱の中で形成される同じ偏見。今日のあなたの常識は、この偏見の積み重ねだってことをたまには思い出してみて。好きじゃないことばっかりでつらかったな。英語も数学も。女の子のグループも、クラスの中で誰がかっこいいとかいうサバイバルゲームみたいな恋バナも。地獄かよ?

卒業したらもっとヤバい社会が待ってた。でも転職したらそうでもなかった。脅しみたいに「社会は甘くないぞ」「社会人として〜」「一から教えてくれないぞ」なんて知ったかぶりで言う大人がいるよね。無視しなさい。

社会に出ることは、規則正しい生活がまた連続することです。これまでの学習全部を活かせるかというと残念ながらそうでないことも多いです。だけど学んだことは確実にあなたの教養となって死ぬまで一緒に生きてくれるから、大切にしてね。

びっくりすることはありません。なんなら勉強していた頃よりずっと生きることが楽です。だって何も考えることがないし。期待しないでください。きっと一年もすればこの繰り返しの日々を退屈に思うことでしょう。そうそのときはまた好きなことでも見付けて飛びついてしまえばいいのです。

ちゃらんぽらんな人生です。ろくなこと言えないから黙ってた。でもちょっとだけ。あなたが常に幸せを感じられる平日を休日を手に入れてください。

口先だけなら誰にでも言える、一発屋もいる。人はひと目で判断できないのです、だからあなたは誰も盲信することなくすべてをいつも自分の心でジャッジしてください。正不正はだれでもないあなたが決めることです。それさえ間違えなければ大丈夫大丈夫、あなたの人生は。

 

009です\(^o^)/今日も何の話しているんだか、よくわかんないね。

 

自分だけはいつまでも老けないと信じてる同年代の人けっこう居る。それはないと思う。あなたは老いたけど、きれいだよ。私たちは今を生きてる。

たまに私の心は高校二年生のときで止まっているんじゃないかって思う。でもそれは今の高校二年生じゃなくて、10年前の高校二年生。他社ケータイとメールで絵文字のやりとりが出来るようになったばかりの頃だよ。ガラパゴスケータイで。ろくに盛ってくれないプリクラ機に入り浸り何枚も何枚も自分たちの写真を撮った。若いままでいたつもりが、時代に置いてかれてただけだったの。だから今の高校二年生と私が高校二年生だった頃の風がリンクするかっていうと全然そんなことない。今を見なきゃ生きていけないよ。今を見て。今の風が吹いているよ。振り返ってもいいけど、そこに私はいなかったの。