読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

009-009

ロングロングプロフィール

マンハッタン・シンドローム

最近の研究で、ゴキブリは15分おきにおならをすることが明らかになっている。
(ゴキブリ大全 - デヴィッド・ジョージ・ゴードン)

私がゴキブリの本を見るとき、ゴキブリの本もまた私を見ている。

ゴキブリ大全

ゴキブリ大全

 

 引用に特別な意味はないし、アマゾンさんのリンクには飛ばなくてよい。ブログの引用機能を試してみたかっただけである。このゴキブリの本を読んだことだけは真実である。

 

私は最近本を読めるようになった。メンタルが参った頃(20歳くらい)から、つらつらと並ぶ活字を認識しづらくなった。横書きはギリギリ耐えられる。問題は縦書きの文書で、文庫本なんかをじっと読んでいると、5行も読まないうちに文字が反転したりバラけて元の文が分からなくなったりと読書に不向きな体質に変わってしまったようだった。以降、面倒で避けていた読書だったが、この月初あたりにどうしても気になるガイドブック(横書きの長文)を購入し読み進めたところ、勢いが止まらず読破できてしまった。試しにと縦書きの短文を読んでみる。これもいける。回復に気が付き、買ったまま読めずにいた本を次々と引っ張り出して読む、楽しい平日の夜を過ごした。

なおいつも通り上記のインフォメーションはあなたの何の助けにもならないし、下記のインフォメーションもやはりあなたの週末の貴重な時間をただ奪うのみである。テイクアンドテイクです。見返りは求めないでください。

 

009です\(^o^)/冬は末端の体温が気温と同期するフシがある!

 

末端冷え性とマンハッタンは似ているが、非なる。夏はあんなに色々な場所へ遊びに行ったのに、冬はどうにも動けなくなる。私は、寒いのが嫌いだ。シメジと注射に次いで嫌いだ。虫も森のクマさんも冬眠するのに私たち人間だけは冬もモコモコの装備で出稼ぎだなんて。生物的に遅れてる。ダサい。しかし家賃を入れる為に今冬もダサいながら働かせていただきます。早く進化したいよ〜。

 

あんまり興味なかろうが、ここ最近の出来事とその感想を綴ろうと思う。

まず恋人に誘われSyrup16gのライブへ赴いた。知ってる?シロップ。「手首を切る」「死んでいる方がマシ」「もしも僕が犬に生まれたら保健所で死ぬ」だのひたすらにネガティブな詩ばかりを歌うバンドだ。結論から言えばライブはつまらなかった。つまらないのにアンコールを3度もやるので、脚腰を痛めた。

26歳の脚腰痛め風〜香草のソースを添えて〜

シロップは歌も演奏もCD音源以上に素晴らしかった。選曲もノリノリのロックで突っ走り、大阪のファンを粉もんの上の鰹節のように揺らした。たまたま私の好きな曲が全スルーされたということもあるが、やっぱり曲はイヤホン挿して聴くあれが一番だと思った。私ライブって好きじゃないんだよ。アジカンは中学生の頃から好きだけど、本人らの顔を知ったのは高校を出たくらいの頃だし、インタビュー本なんか一度も手をつけたことがない。どう考えても演奏してる本人ら自身に興味がないんだよな。生演奏って音割れるし。聴きたい曲をやってくれるとは限らんし。私はただ彼らの作った曲を好きなのであって、彼らを好きなわけではないとか、つまりそういうことが言いたい。ライブが好きな人間にはこういうことを言っても「生で聴くのはやっぱ全然違うよ」とか「会場が一丸になってる感じがいいんだよ」とかいって取り合ってもらえないので、仕方なくノコノコ付いていく次第であった。何度だって言うが音はCDの方がクリアだし、誰かと共鳴しなくたって好きなものは一人でも好きでいられるぞ。

 

そしてその夜どうやら風邪を移されたようで喉がガラガラになった。踏んだり蹴ったりさ。でもなんだか今年はおかしい。この冬だけでもう3度も風邪を引いている。かつて内臓の破裂で入院した際に「翌日にはもう傷口が塞がってる…?!なんだこの治癒力は!!!」と医者を驚かせたこの私が。風邪は年に一度引くか引かないか程度のものだと思い込んでいたこの私が。年3度も風邪を引くっていったいどういうことだってばよ。厄年かな?老衰かな?でも食欲はいつも旺盛。

 

そういえばどの週末だったか忘れたが甲秀樹先生の個展にお邪魔した。
f:id:nikolog:20161217120316j:image
f:id:nikolog:20161217120336j:image

見ての通り少年の美を強調した作品で、写真だと伝わりづらいが生で見ると目をそらしたくなるような『ナマモノ感』。人形も作っている。これがまた見事で、ほんのり血の気を帯びた頬、透けて見える血管、うっすら浮き出る筋肉や皮膚の弛みまで、いくらミニチュアと言えどこれはもう立派な人間ですわ。恐れ多すぎて写真も撮れなかった。作品のすべてに生命が吹き込まれているような気がしてちゃんと目を合わせられなかった。ほとんど俯いたまま、視野見で凌いだ。

店番の人に「少年美やBLに興味をお持ちか?」と訊かれた。私は首を横に振って、先生の描く絵がたまたま少年で、たまたま美しく惹かれるものがあっただけであると説明した。そういえば先生の作品はBLっぽいな。マジで女が登場しねェ。他にも色々と質問されて、不審に思っていたら後々先生ご本人であることが判明、挙動不審となった。ポストカードにサインをもらって帰った。

帰って絵を描いてみたら、これは絵じゃないような気がして 何度もやり直した。しかし絵に見えない。思いたち、漫画を読んでみた。これも絵に見えない。私がこれまで絵だと思って描いたもの、観たもの全ては絵ではなく線だったのだと気が付いた。

それほどに、先生の絵は衝撃的だった。これだよこれが絵だよ。

 

はあ、またとりとめのないことを書いて半日を潰してしまったね。