読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

009-009

ロングロングプロフィール

再会

「前髪は人間のフロントや。キチッとせなアカン。」とは18年前のパパの言葉であるし、常識とは?の問に「教養」と答えてくれたのは1年前の恋人だ。美術の時間に自画像の、眼の部分だけを手伝ったらそこだけが妙にリアルで「画素数の違い」と笑わせてくれたのは10年前の友人だったのに、覚えているのは私だけで、当の本人らはすっかり忘れてしまっているらしい。

みんな今を生きていて、私だけが置き去りなのだろうか的ポエマーになるつもりは微塵もない。ないが、こうも忘れ去られて、他に証人も居なければ、まるでそんな事実は無かったことのようだ。夢のようだ。あれは私の妄想だったのだろうか。

ちなみに(ちなまないが)女にモテたいが為にインターネットに恋のポエムをポストする殿方のことを"おちんポエマー"と呼ぶらしいよ。ツイッターの女の子が言ってた。どんどん自称してくれよな。

 

また更新するのかよ。009です\(^o^)/

 

\(^o^)/←この顔文字は恋人に大変不評(気持ち悪い、趣味が古いなどと、たいそうおディスりになられた)だけれど、実害は無いしまだ使えそうなので私はこれからもガン無視で頑なに使っていく方針。最近の人ったら贅沢だよね。すぐ新しいものに飛び付いて、まだ使えるものを捨ててしまうんだから。それとこれとは全然関係の無い話をあたかもそれっぽい話にすり替えるのがヘタクソ大臣こと私だよ。

 

関係の無い話のついでに言うと高校入学と同時に惚れた男の子は三年間同じバッグ、同じケータイ、同じ筆箱を持ち歩いていたんだよね。私は結局全然関係の無い男とくっついたり離れたりして惨劇を繰り広げていたのだけど、あの時あの子の彼女になっていれば、あんな風に私も、いつまでもいつまでも大切にしてもらえたのかなあなんて時々思い返すというわけです。単にお金が無くて買い換えられなかっただけかもしれません。思い出は自由で素晴らしい。

 

幽霊は信じる人にだけ見えるよ。空をじっと見つめていると、魂に羽根が生えて飛んで行ける。思い出の中を吹く風は、誰にも止められない。

10年前にまた会おう。