読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

009-009

ロングロングプロフィール

私以外私じゃないの?

私の代わりはいくらでも居るのに、私以外私じゃないという寂しさ。

 

009です\(^o^)/それは私だけが知っている。

 

クリスマスは例年通り「ついていけなさ」がすごくて、ただなんとなくうちに来たという恋人と、引き籠って過ごした。電飾とか、クリスマスツリーのギラギラした飾りとか、冬の寒さとか、単純に苦手だ。深夜0時頃、突然パーティーをやろうという話になって、近所のファミマにサイダーとチキン、ブッシュ・ド・ノエルを買いに行った。本当はショートケーキを買いに行くつもりだったのに。ショートケーキも並んでいたのに。それなのにブッシュ・ド・ノエルを買ってしまった。ブッシュ・ド・ノエルを買って切り分けもせず、付けてもらったプラスチックの白いフォークでザクザク刺して口に運んだ。ちょっと重くない?など文句をつけられながら薄い感謝のもとで消費される、かわいそうなブッシュ・ド・ノエル。美味しかったけれど。26日の朝、出勤前の私は「やっぱりショートケーキが食べたかった」と後悔していた。近所のコンビニを数件回っても、時既に遅し。ショートケーキの姿はもうなかった。

ショートケーキはおかしい。あんなに食べたいと願っていても、別のケーキの隣に並ぶと存在感が霞んでしまう。ショートケーキはおかしい。ショートケーキの隣にはいつも別のケーキが並んでいるからして、私は反射的にショートケーキではない方のケーキを選択してしまう。おそらくこれは生物として正しい反応なのであろうが、悔やまれる。ショートケーキが食べたい。今なら選べるだろうか、ブッシュ・ド・ノエルではなくショートケーキを。ショートケーキはおかしいので、かれこれ十数年は食べていない。

 

恋人はうちに泊まっていったけれど、クリスマス当日は夕方までぐでんと寝てしまっていた。彼が目覚めるまでとても寂しく、必要以上に寂しく、何をすればいいのかもわからず、とりあえず近所の公園まで歩いて、日向ぼっこをするおじいさんの背中をツマミにサイダーと甘いおやつを食べた。おじいさんの服装は茶系や濃紺、グレー系などシックな色合いで統一されていて見ごたえがある。またアーガイルチェックのベストを中に着込んだり、手編みっぽいマフラーを大切そうに巻いてフカフカしているのも趣深い。ちょっとオシャレなハンチング帽なんかかぶっちゃったりして、みんななかなかいけてる。おじいさんになったら、センスが洗練されていくのだろうか。感性が完成するっていうんですかな?

私がおじいさんウォッチングを楽しんでいる間に、うちで寝ている恋人のことを想像する。こうやって思い出がすれ違っていくんだよ。私たちは好き同士かもしれないけど、しょせん、私は私だよ。

投薬後15分経過

ネスタが苦い理由は、薬の成分や代謝産物が唾液から分泌されるためで、体質も関係しています。
どの成分が苦味を感じるのかは、はっきりとわかっていませんが、薬が腸で吸収されたあと、血液に溶け込んで全身を巡っている中で唾液から少しずつ成分が分泌されます。

また、薬は肝臓で代謝されますが、その際に作られる代謝物も血液に溶け込んで体内を巡り、唾液から少しずつ分泌。これらが合わさって苦味が出ると考えられています。

睡眠薬ルネスタを飲むと苦いのはなぜ?苦味の副作用について解説!|ミナカラ

睡眠導入剤をエスゾピクロン(ルネスタ)に切り替えてからというもの、私は歩くゴーヤになってしまった。いつもは味気ない大阪の水道水も私を介せばあら不思議、見事な苦瓜。ゴーヤ水の完成。おまけにこの苦味は一日中抜けない。誰かにシェアしたいこの口内事情。1dayゴーヤ。関係無いけどゴーヤの花言葉は「強壮」です。今日も1日ありがとう。

 

009です\(^o^)/毎日が速い。本当は眠りたくないのかもしれない。

 

来るかどうかも定かでない恋人の為に部屋を掃除していた。掃除機は明日でいいでしょ。でもコロコロは…コロコロはしなきゃだめでしょ。人間として。やっぱコロコロだけは今夜倒さなきゃだめでしょ。来るにしても来ないにしても…コロコロだけは…人間として…人…人間…コロコロ…恋人…。心の中で会話する癖がある。寂しすぎて人格が分裂したのだと推測する。怠惰な私と、それを許さない私。(罪悪感担当)相槌を打つ私と泣き言を言う私。他の追随を許さない私。何のことやら。色んな私と戦い抜いた末ようやくコロコロを手に取ったのは午前2時。悩みすぎでしょう。しかしそれも束の間。ラグを半分コロコロした頃、シートを切らしたのだ。換えがない。もうだめだ。人間としてだめだ。明日恋人が家に来るのに…いや、来ないかもしれないけど…わかんない…とりあえず、人間失格

 

昨日友人らと中之島のイルミネーションを見に行ったよ。私電飾って本当に興味なくて、今後も縁のないイベントだと思ってた。だからどうってこともないけど、自分の中では新しい体験をしたような気になって、今もわくわくしている。終わったのに。

LEDはやっぱ思った通りつまんなくて、ただ、中央公会堂のプロジェクションマッピングのクオリティが高すぎて、いや比較対象すらないんだけど、これにとにかく私は感動したんだよ。私本当に感動したときって言葉が見つからなくて、取ってつけたような表現になってしまうの。だからもう黙るの。黙ってるの。感動で人を黙らせる。こんなすごい仕事が他にある?まあ、あるでしょうけどね、これもそのひとつだと言いたいわけですよ。アンダスタン?

 

これとは別に、私たち三人は今日も今日とて語ったよ。もう8年の付き合いになる。私、ふたりのこと本当、よく分からないっていつも思ってる。だって話しても話しても像が掴めないし、話すたびに新事実が発覚するし。ミステリアスだよ君たちは。お互いに、知ろうとしてないのかも。年数なんて関係ないよね。何にでも干渉し合って、すべての秘密を共有するっていうタイプの付き合いっていざというときの拠り所となって心強いと思う。でも、疲れちゃうから。一人で抱えておきたいことたくさんあるから。そういう意味で、この集団ってとっても個人主義的でいいなあ〜って思った。話せば意外と全部受け入れてくれるしね。好きって表現は誤解を生みそうで嫌だなあ。好き以外の言葉で好意や感謝を示せたら。いいのにな〜。謝謝。

 

薬を飲んだら頭がぼーっとなるから、明日の朝にはたぶん今書いてることの半分も記憶に無いんだと思う。私はなんとなく期待してる、深夜の私に。意識の奥に居る私が深夜ひょっこり現れて、記録を残していってくれる。朝になって、社会に出してもいい私に変身した頃に、また記録を読み直して、だんだんあらゆる自分を同期させていくの。どうしようもないことばかり書いているけど、これも私なんだなあと知ってもらうの。それが何になるのかというと、ただ私が毎日わくわくできるということなのです。

 

もう限界、おやすみ大魔神

マンハッタン・シンドローム

最近の研究で、ゴキブリは15分おきにおならをすることが明らかになっている。
(ゴキブリ大全 - デヴィッド・ジョージ・ゴードン)

私がゴキブリの本を見るとき、ゴキブリの本もまた私を見ている。

ゴキブリ大全

ゴキブリ大全

 

 引用に特別な意味はないし、アマゾンさんのリンクには飛ばなくてよい。ブログの引用機能を試してみたかっただけである。このゴキブリの本を読んだことだけは真実である。

 

私は最近本を読めるようになった。メンタルが参った頃(20歳くらい)から、つらつらと並ぶ活字を認識しづらくなった。横書きはギリギリ耐えられる。問題は縦書きの文書で、文庫本なんかをじっと読んでいると、5行も読まないうちに文字が反転したりバラけて元の文が分からなくなったりと読書に不向きな体質に変わってしまったようだった。以降、面倒で避けていた読書だったが、この月初あたりにどうしても気になるガイドブック(横書きの長文)を購入し読み進めたところ、勢いが止まらず読破できてしまった。試しにと縦書きの短文を読んでみる。これもいける。回復に気が付き、買ったまま読めずにいた本を次々と引っ張り出して読む、楽しい平日の夜を過ごした。

なおいつも通り上記のインフォメーションはあなたの何の助けにもならないし、下記のインフォメーションもやはりあなたの週末の貴重な時間をただ奪うのみである。テイクアンドテイクです。見返りは求めないでください。

 

009です\(^o^)/冬は末端の体温が気温と同期するフシがある!

 

末端冷え性とマンハッタンは似ているが、非なる。夏はあんなに色々な場所へ遊びに行ったのに、冬はどうにも動けなくなる。私は、寒いのが嫌いだ。シメジと注射に次いで嫌いだ。虫も森のクマさんも冬眠するのに私たち人間だけは冬もモコモコの装備で出稼ぎだなんて。生物的に遅れてる。ダサい。しかし家賃を入れる為に今冬もダサいながら働かせていただきます。早く進化したいよ〜。

 

あんまり興味なかろうが、ここ最近の出来事とその感想を綴ろうと思う。

まず恋人に誘われSyrup16gのライブへ赴いた。知ってる?シロップ。「手首を切る」「死んでいる方がマシ」「もしも僕が犬に生まれたら保健所で死ぬ」だのひたすらにネガティブな詩ばかりを歌うバンドだ。結論から言えばライブはつまらなかった。つまらないのにアンコールを3度もやるので、脚腰を痛めた。

26歳の脚腰痛め風〜香草のソースを添えて〜

シロップは歌も演奏もCD音源以上に素晴らしかった。選曲もノリノリのロックで突っ走り、大阪のファンを粉もんの上の鰹節のように揺らした。たまたま私の好きな曲が全スルーされたということもあるが、やっぱり曲はイヤホン挿して聴くあれが一番だと思った。私ライブって好きじゃないんだよ。アジカンは中学生の頃から好きだけど、本人らの顔を知ったのは高校を出たくらいの頃だし、インタビュー本なんか一度も手をつけたことがない。どう考えても演奏してる本人ら自身に興味がないんだよな。生演奏って音割れるし。聴きたい曲をやってくれるとは限らんし。私はただ彼らの作った曲を好きなのであって、彼らを好きなわけではないとか、つまりそういうことが言いたい。ライブが好きな人間にはこういうことを言っても「生で聴くのはやっぱ全然違うよ」とか「会場が一丸になってる感じがいいんだよ」とかいって取り合ってもらえないので、仕方なくノコノコ付いていく次第であった。何度だって言うが音はCDの方がクリアだし、誰かと共鳴しなくたって好きなものは一人でも好きでいられるぞ。

 

そしてその夜どうやら風邪を移されたようで喉がガラガラになった。踏んだり蹴ったりさ。でもなんだか今年はおかしい。この冬だけでもう3度も風邪を引いている。かつて内臓の破裂で入院した際に「翌日にはもう傷口が塞がってる…?!なんだこの治癒力は!!!」と医者を驚かせたこの私が。風邪は年に一度引くか引かないか程度のものだと思い込んでいたこの私が。年3度も風邪を引くっていったいどういうことだってばよ。厄年かな?老衰かな?でも食欲はいつも旺盛。

 

そういえばどの週末だったか忘れたが甲秀樹先生の個展にお邪魔した。
f:id:nikolog:20161217120316j:image
f:id:nikolog:20161217120336j:image

見ての通り少年の美を強調した作品で、写真だと伝わりづらいが生で見ると目をそらしたくなるような『ナマモノ感』。人形も作っている。これがまた見事で、ほんのり血の気を帯びた頬、透けて見える血管、うっすら浮き出る筋肉や皮膚の弛みまで、いくらミニチュアと言えどこれはもう立派な人間ですわ。恐れ多すぎて写真も撮れなかった。作品のすべてに生命が吹き込まれているような気がしてちゃんと目を合わせられなかった。ほとんど俯いたまま、視野見で凌いだ。

店番の人に「少年美やBLに興味をお持ちか?」と訊かれた。私は首を横に振って、先生の描く絵がたまたま少年で、たまたま美しく惹かれるものがあっただけであると説明した。そういえば先生の作品はBLっぽいな。マジで女が登場しねェ。他にも色々と質問されて、不審に思っていたら後々先生ご本人であることが判明、挙動不審となった。ポストカードにサインをもらって帰った。

帰って絵を描いてみたら、これは絵じゃないような気がして 何度もやり直した。しかし絵に見えない。思いたち、漫画を読んでみた。これも絵に見えない。私がこれまで絵だと思って描いたもの、観たもの全ては絵ではなく線だったのだと気が付いた。

それほどに、先生の絵は衝撃的だった。これだよこれが絵だよ。

 

はあ、またとりとめのないことを書いて半日を潰してしまったね。

淘汰されていく私たち

もういい歳だから、周りの女の子たちは当然のようにケッコンを意識し始めている。私は来年27になる。

高校時代、友人に子供がほしくないかと訊かれたことがある。「別に」みたいな、曖昧な返事をしたような気がする。適齢期を迎えれば、自然と母性というのがどこからともなく湧いてきて、無条件に子供がほしくなるものだ思っていた。実際、周りの女の子たちは子供がほしいほしいと言う。男の子ですらそんな雰囲気を醸し出し(?)始めたものだからたまったものではない。来年27になる。それにしても、私には一向にそんな気が起こらないものである。

結婚とか、出産とか、育児とか、住宅ローンや親の介護なんて、遠い遠い星での話のように思える。私はなんだか、みんなと同じ次元に生きられないような気がする。それらすべてに嫌気が差しているし、なんとかして一人でイビザにでも逃げたいとか思っちゃう。行っちゃおうかな。イビザへ行っても同じかな。

 

この世のすべての生き物が子孫を繋ぐ為に生まれてくるのだとしたら、私はとんだ欠陥品だ。

でも、大昔からそうあったように、弱者は淘汰されていくのが自然の掟なのだと思えば、気が楽になる。先のことは決め付けにくいけれど、私がこうやってうだうだととぐろを巻いている間に時間は流れて、いつか家系図を止めてしまうことになるんだろう。

申し訳ないような、それで良いような。

 

淘汰されるべき遺伝子?私は絶滅危惧種かもしれないと、女子会の最中にふんわり思いを馳せるのです。

SNSのこと

グチャクソアホみたいなことなんだけど、最近そういう人多いな〜と思っているので書くよ。

 

今更何をって話だけど。よく聞くのはツイッターで「無言フォローは失礼」「引用リツイートしないで」「鍵垢からのリアクションは気持ち悪い」。Facebookなら「人事に名前検索されて監視されていた」、そして自撮りマンの「写真を無断転載された」。まあツールは問わないけど、それって自業自得では…。あまりにも各SNSの特性を理解できてなさすぎるんじゃないの。

 

投稿が公になるのが嫌ならアカウントを鍵付きにしたり、投稿の公開範囲を友人までに留めておくなりすれば良いだけの話。だいたいインターネットって、調べりゃ何でも出るものなんだよ。ましてや実名登録のFacebookなんて自分から「私の個人情報です!見てください!」と言ってるようなものじゃん。ツイッターでもなんでも全体公開に設定してりゃ鍵もクソも関係なく地球上のどこからでもお前のポストは筒抜けなんだよ。無言フォローはダメだなんてルールはない。ボタンひとつで勝手にフォロー出来る仕組みになってんだよ。リアルじゃないよここは。インターネットだよ。全部インスタントだよ。そして一度ポストしたら一生消えないデジタルタトゥーだよ。間違っても誰が見てるか分からない場で所属なんて、名前なんて明かすなよ。一生ものだぞ、一生もの。

 

こんなこと旧石器時代から言われているようなことだけど、先日親しい人からその手の愚痴を聞いたので急に不安になった。顔も名前も知らない相手にモラルを求めるより、自分の身は自分で守りなよ。

 

※あとリアルの知り合いでも全体公開の場合はお互いのHNで呼ぶのがネチケット(死語か)ってもんじゃないのか。

 

孤独について

というか往々にしてぼっちである為、今更孤独について話すのもおかしい感じがする。私はそこそこ孤独である。この孤独とはあくまで状況のことであり、感覚のことではない。

 

009です/(^o^)\デイダラボッチとは何の関係もございません。

 

一人で居ることに慣れすぎて、他人が居ると逆に落ち着かないよね。分かる人だけ分かってください。一時的にヒト依存症になって、毎晩遊び歩いた。ヒトを求めていた。誰でもいいから側にいてほしいときがあった。その反動だか何なのか分からないけれど、今はめっきりヒトがだめだ。特別親しい人と、たまに会うくらいが精一杯だ。精神科の先生に"社交不安障害"(人と関わるの激無理病)という変な病名?を付けられた。でも日常生活に支障はない。私は案外、義務は義務として割り切れるタイプのようだ。

早い話独りが好きだ。つまり、このところ孤独感を募らせる機会が無い。寂しいって気持ちが清々しいに変換される脳味噌に変身を遂げたのだと思う。

それは良いとして、いつからそんな感じなの?と自問したところ「わりと最近?ここ数年?」という曖昧なアンサーを得た為、自分の変化について考えてみた。暇なので。

 

結論から言えば自分を気に入って、受け入れ始めたのがここ数年だったんだよね。若いとき(?)って抗えないしがらみ的なものがたくさんあって、ときには自分の意に反した言動を取って誤魔化し誤魔化し生きなければならなかった気がする。立場上、自分の正しいと思うことをできなかったこと、してはならなかったことがたくさんあった。

誰にでもあることだろうけど、私はそれを極端に窮屈に感じていた。違うでしょ?と思うことをさせられているとき、言わされているとき、死んでいる気がした。いや、それはちょっと極端過ぎるな。生きている気がしなかった。自分の意思を抑えつけられているとき、自分の人生を生きている気がしなかった。要は自分のことがどうしても好きになれなかった。自分じゃないから。

 

 学校を卒業して社会に出てまもなく実家を追い出され、私は初めてすべてのしがらみから解放された。これからは自分で自分の生きる社会を選んで良いし、自分の正しいと思う言葉を、行動を選択しても誰の迷惑にもならない。私が私として生きる生活が始まったのだ。

 

今は自分のことが結構好きだ。外見も中身もまあまあ好きだ。だから独りでも孤独じゃない。

本当の孤独は、自分に嫌われることだと思う。自分が嫌い→でも認めてほしい→他人に承認を求める→他人無しでは自分を肯定できない→そんな自分をまた嫌いになる悪循環。自己肯定できないと、どうしても他人に依存しがちになる。

自分さえ味方につけておけば、他人に求めることはなくなり…必然的にぼっちになる。アレ?別にぼっちを勧めているわけではない。そんなつもりではなかったんだ。

 

ただ、好きな自分で居ることで、孤独感って拭われるものだと思うんだ。そういう話がしたかったんだ。

 

私のことを自己中って言った人は、みんな私が自分の思い通りにならないのが気に入らなかっただけなんだと思う。でもこの1分1秒でさえもすべて私のものだから、誰の言うことも聞いちゃいけないの。これは私のルールだから。じゃ、さよなら。

夢の中で走ること

まばたきをすると時間がジャンプすることあった?まばたきをすると朝になっていた。知らない誰かの部屋にいた。いつもの道を歩いてた。職場にいた。まばたきをする前と後でシチュエーションが違うの。でも周りの反応はおかしくないから私が突然瞬間移動したわけでもなさそうだし。私だけが空気を読もうとあたふたしてるって状況。間の記憶がないの。そういえば最近ならないな〜と思って。若い人の病気なのかな。

 

009です\(^o^)/

時をかける少女 VS 時空の歪みババア(言ってみたかっただけ)

 

幽霊は信じる人にだけ視えるんだってさ。居ると思ったら居る。そういうもんなんだってさ。でもいくら信じても貯金は増えてないし、100万円あると思っても、やはり無いんだよ。だから幽霊なんて嘘なのよ。あと神とかも。

 

全然関係ないけど夢の中ってなかなか上手く走れなくない?私よく追われて殺される夢を見ていたんだけど、なぜ追われるのかはさておき、追い付かれて殺されるのは夢の中の自分を上手くコントロールできないせいだって思ったのね。だっていくら私でもあんなに要領悪い走り方しないよ、現実ならさ。言ってる意味分かる?月で走ってるみたいになるの。ふわぁんふわぁんって。気持ちだけ焦ってるの。分かんない?そうか、分かんねー奴には一生分かんねーよ。

そこで私は夢日記を書き始めたの。でも毎朝書けるわけじゃないから、余裕のある日に覚えている部分だけ。最初はあんまり思い出せなくてちょっとしか書けないんだけど、次第に文章が長くなってきて、そのときの自分の感情にも目を向けることができるようになるのね。でねちょっとオカルトじみた話になるんだけど、ここまでくればもう大丈夫なの。何が大丈夫なのかというと、夢と現実の自分を完全に同期できたということになるの。

たらたら書きやがって、そんなことかよくだらねえって思ったかもしれないけど、これ本当だから試してみてよ。私、殺されずに走って逃げ切れたんだから。それ以来追われて殺される夢は見てないよ。

 

クリスマスって好きじゃないんだよなー、10歳を境にプレゼントが枕元から消えたから。これは親情報なんだけど、どうもサンタさんってのは10歳を過ぎた子供の元へは来てくれないのだそうだ。だから、あれ以来ずっとブルーなシーズン。街は平気な顔で11月を無視してイルミネーションなんか飾り始める。私クリスマスって好きじゃないんだよなー。