読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

009-009

ロングロングプロフィール

お前はおかしい

「お前はおかしい」

これは頻繁に言われるのでもう慣れた。若い人たちの言うキチガイとか、異端児とか、若気の至りみたいな一時的な意味合いではなく、相手に「脳のどっかに欠陥があるんじゃないの」と言わしめる禍々しい何かが私の中にあるらしい。もうわかんないからわかんないまま生きていくね。これまで通り私は私の正しいと思う選択をして生きていくね。

 

009です\(^o^)/ついに「へんこ病」が治りませんでした。

 

今まで誰かを妬んだり羨んだことがなかった。だからもちろん、劣等感を感じたことも、対抗心を燃やしたこともなかった。誰々に負けないとか勝ちたいとか言ってる人のことを内心では馬鹿にしてた。狭い世界で生きて、窮屈そうだなあと思ってた。似たようなのが小競り合いしてもどんぐりの背比べだよと思ってた。だけど一番狭いのは私の世界だった。私ひとりで閉じていたのだから。

 

"自分は自分、人は人"が行き過ぎた例というのが私のマインドで、この考え方は逆に世界を狭くするんだよね。社会における自分の立ち位置とか、上下関係とか、成績の優劣とか、自分にまつわる数字とか。社会から見た自分になんて全然興味ない。大切なのは、いかに自分に尽くすかだから。他人の成果なんて私の人生に影響しないのだし、比べて優越感に浸ったり憂鬱になっているほど暇でもない。負けてはならないのは常に自分のだらしない心だけだ。昨日の私はもう古い。明日そう思えるようになっていたら、私は優勝者だ。今のところ、勝ち越してる。

 

それとは別に、私はけっこうなシチュエーションにおいて意見が受け入れられなかった。何かお門違いな発言をしていたのかもしれない。ひとつひとつの選択を馬鹿にされたこともあった。過去のことや友人関係、生活のことや服のことにまで言及された。それでもなおこの環境を守り続けているのは、自分のすべてを肯定していて、これが正しいと信じて止まないからだと推測している。(自分のことなのに、きっぱりとは言い切れないこともあるね)

 

「お前はおかしい」その後に続くのは「妙に自信がありすぎる」だった。

くだらないと思っちゃったからあまり真剣に聞かなかったけれど、"人は"(君がだろ?)だいたい何らかのコンプレックスを抱えていたり劣等感を持っていたりするもので、それのせいで正直なアクションを起こせずにいるものらしい。

私の言われる「おかしい」は、上の考え方に対する無理解さから来ているのだろうなとなんとなく解った。

 

根拠もないのに自信満々って、しかしおかしな話だね。確かにね。だけど逆を言えば否定的に捉えている自分の内面を肯定してくれる人が周りに居るから、君は安心して自分ディスりができるんじゃないのかな。誰も肯定してくれなくなったら、セルフ全肯定始めるっきゃないよ。わかってくれるでしょ。

 

 

君の信じているものを馬鹿にしても別にいいでしょ。

君は変わらず信じ続けていればいいのだし。

ちょっとやそっとで、揺らぐなよ。

ウルトラ葬

灰!

 

過去にSNSで暗い投稿ばかりしていたら、見かねた知人が「今後は暗い発言禁止!明るくいこう」と言ってくれて、そのときは私も(そうだなあ〜見ている人が不愉快なら、そうするかなあ〜)と思って暗い記事を書くのをやめたのだけど、違和感に気が付いて、その人を友人リストから除外し、また暗いことも幸せなことも日々のことも思いのままに書き綴るようになった。だって液晶の奥の文字列は全部私の遺言になるのだから。

 

見たいものだけを見て生きてください。009です\(^o^)/

 

誰かの為に書いているわけではないし、誰かを不愉快にする為に書いているのでもない。完全な独り言だ。独り言大公開。独り言の大海原。欲しけりゃくれてやる、探せ!この世の全てをそこにおいてきた!ちなみにワンピースは空島のところでダルくなっちゃって話追うのやめちゃいました。空島以降は人間で言うと"余生"じゃない?何言ってんのかわかる?私はよく分かんない。

 

さて、不穏な空気を醸し出したところで唐突だけど、死んだら直葬してもらおうと思う。また生きるとか死ぬとか言ってるねと思った君!特に反論はありません。

こういう格安火葬プランがあることを知った。

火葬式 費用(直葬)| シンプルな火葬式 14.8万円 格安葬儀

 

葬式って、しなくても法的には問題無いんだね〜。知らなかったよ。死後1週間以内に役所に死亡届を提出。実質これだけで法的手続は完了らしい。いいね。でも死体の処理はやはり必要なので、そこだけは各自なんとかしてくださいよって感じらしい。フムフム。私は浄土真宗の人だから、小さな頃から祖父に「生前の行いに関係なく、死ねば皆極楽浄土」と教えられてきたけれど、お葬式しなくてもちゃんと浄土へ行けるかな?まあ死んだ後のことは、死んでから考えるか。

そんなわけでさっそく遺書にメモ。葬式代(最低50万くらい)だけは貯めて死ななきゃ〜と焦っていたけれど、15万で全部済むんだったら気軽なものだよ。肩の荷が降りた感じ。全身脱毛より安いよ。

 

お前おかしいよ、普通人間はそんな常々死ぬことなんて考えないよ。なぜなら恐怖でバグっちゃうから。今のお前は非常に異常な状態。と心配(?)されたことがあったな。いつから死ぬことについて考え始めたのか思い出せない。思い出せないくらい死ぬことを想像している。憂鬱だからというわけではなく、現実的に、幸せな死に方とか、私の死により発生するお金のこととか、死ぬまでにしたいこととか、明日死んでも後悔しない今日の過ごし方とか。無責任な死って一番迷惑だと思うんだよ。全部他人に丸投げじゃない。死にダメもクソもないけど、生前散々迷惑を掛けた分、死に際スムーズにっていうのが私の理想だよ。

 

かつて自分の死体をホルマリンに漬けて、透明なロケットに積んでどこまでもどこまでも飛ばしてほしいと思ってた。いつか遠い星の誰かが拾って、博物館みたいな場所に展示してくれるといいなあと思ってた。生きてる間だけならまだしも、死んでも尚存在価値を見出してほしかったし、宇宙に忘れ去られるのが怖かった。そんな若い時代もあったよ。それだけ。

髪の毛のこと

昨日美しい海を見た。浜を見た。貝殻を拾って遊んだ。この頃は貝殻集めにハマっている。ビーチコーミングという遊びだ。楽しみ方は人によって違うけれど、私は拾い集めた貝殻を並べて撮影する。日付と場所を油性ペンで書いたジップロックに詰めてただ保管する。たまに眺めていい気持ちになる。なんの意味もない遊びだ。いくつになってもカラフルでキラキラが大好きだ。ときめく。ただそれだけの為に貝殻たちは連れ去られる。

 

海はなぜ青いのか。哲学的な回答プリーズ、009です\(^o^)/

 

またしても髪の毛を抜いてそこへ置いてきた。

私は毎度、また来たい場所へ髪の毛を1本置いて帰る。髪の毛じゃなくても良いような気もする。爪とか、つばとか。でも髪の毛を置いて帰るのが好み。

なるべく現世で叶えたいけれど、もし死んじゃっても、魂が帰って来られるんじゃないかなーって。髪の毛に。そのときこの景色を再び見るってわけ。そう、セーブポイントってやつ。絶賛全国展開中。

 

切羽詰まった生活に自己を見出しがちだから、充実していると感じた途端、自分が他人のように思えて(いいなあ、羨ましい)(私もあんな人生がよかった)って思っちゃう。自分のことなのに。自分のことのように思えなくて、幸せな瞬間は他人になっちゃう。後ろから見てるような。私の肉体が他人に乗っ取られていて、全然違う場所からそれを見ているような。そんな感覚に陥るよ。って言ってもあんまりわかんないって言われちゃったけど。早く自分の幸せになるといいなあ。

 

 

入ってるってどんな気持ち?と訊かれて、とっさに言葉にできなくて「人を内臓で受け入れるって、どんな気持ちだかわかる?」と質問を質問で返しちゃったね。でも、なんか納得してくれたらしくて助かった。私はよく分からないし、こればっかりは分かりたくもないよ。

死ぬこと

映画「最高の人生の見つけ方」を観た。元のタイトルは"the bucket list"(死ぬまでにやりたいことリスト)。どうしてこうも内容に誤解を生むような邦題になってしまうのか。解けない謎である。

サラッとネタバレすると、余命僅かの二人のおじいちゃんが後悔なき人生をとタッグを組んで世界を旅するお話だ。死に対してポジティブに立ち向かう話はありがちだ。が、好きだ。死と言えば重く受け止められたり嫌な顔をされがちだが、生まれること同様に命あるもの全てについて回るものだ。死も人生の一部だ。

 

毎晩死ぬ日のことを想っている。いつまで思春期営業しているんだ?009です\(^o^)/

 

最近飼育していた昆虫が死んだ。ばたばた死んだ。35頭いたカイコの幼虫は、成長過程で死に、変態途中で死に、無事蛹になったのはたったの1頭だ。その1頭も羽化できるかは分からない。もしかすると蛹のまま死んでしまうかも。だってそういうことも往々にしてある。

 

私は好んでよく昆虫を育てるが、生憎彼らの生命のサイクルはショートスパンで、しょっちゅう死に目に会う。孵ったときから育てた昆虫が、その一生を私の部屋で終えるのだ。残酷な話のような気もするがこればっかりは仕方が無い。私の娯楽の為に生き、死んでいただくほかない。もちろん私もその命の為に尽くすが、どれだけ努力をしても、死んでしまうものは死んでしまう。こちらはありがたく命を消費させていただくのみだ。虫たちの中にはひとりで死んでしまうものもいたし、子孫を残して死んだものもいた。育てた虫の子孫がまた私の部屋で短い生涯を終えたときに気が付いた。

死ぬってそんなにたいしたことではないのだと。

 

最初に育てた虫が死んだとき、明日会社に行けるか不安になるほど泣いた。生き物の死にはいつまでも慣れない。今も慣れたわけではないが、だんだんと受け入れられるようになった。寿命という観念を思い出したからである。

だいたい4ヶ月がその虫の寿命だ。まあまあ全うした方だ。みんな寿命で死んでいったのだ。こう思うと気が楽になった。

私もいつか死ぬ。ヒトの寿命はだいたい80年と言われている。成長過程で死ぬか、羽化不全でも生き延びるかは分からないけれど。死って、毎日の中に潜んでいる。見えないけれどごく当たり前のことだと思う。

 

毎日のように死んでいった虫たちを思い、スパンは違えど自分も彼らのようにいつかサイクルに巻き込まれ当たり前のように死に、翌日から私の居ない世界が問題なく回り始めるということを思う。

 

怖くない。

再会

「前髪は人間のフロントや。キチッとせなアカン。」とは18年前のパパの言葉であるし、常識とは?の問に「教養」と答えてくれたのは1年前の恋人だ。美術の時間に自画像の、眼の部分だけを手伝ったらそこだけが妙にリアルで「画素数の違い」と笑わせてくれたのは10年前の友人だったのに、覚えているのは私だけで、当の本人らはすっかり忘れてしまっているらしい。

みんな今を生きていて、私だけが置き去りなのだろうか的ポエマーになるつもりは微塵もない。ないが、こうも忘れ去られて、他に証人も居なければ、まるでそんな事実は無かったことのようだ。夢のようだ。あれは私の妄想だったのだろうか。

ちなみに(ちなまないが)女にモテたいが為にインターネットに恋のポエムをポストする殿方のことを"おちんポエマー"と呼ぶらしいよ。ツイッターの女の子が言ってた。どんどん自称してくれよな。

 

また更新するのかよ。009です\(^o^)/

 

\(^o^)/←この顔文字は恋人に大変不評(気持ち悪い、趣味が古いなどと、たいそうおディスりになられた)だけれど、実害は無いしまだ使えそうなので私はこれからもガン無視で頑なに使っていく方針。最近の人ったら贅沢だよね。すぐ新しいものに飛び付いて、まだ使えるものを捨ててしまうんだから。それとこれとは全然関係の無い話をあたかもそれっぽい話にすり替えるのがヘタクソ大臣こと私だよ。

 

関係の無い話のついでに言うと高校入学と同時に惚れた男の子は三年間同じバッグ、同じケータイ、同じ筆箱を持ち歩いていたんだよね。私は結局全然関係の無い男とくっついたり離れたりして惨劇を繰り広げていたのだけど、あの時あの子の彼女になっていれば、あんな風に私も、いつまでもいつまでも大切にしてもらえたのかなあなんて時々思い返すというわけです。単にお金が無くて買い換えられなかっただけかもしれません。思い出は自由で素晴らしい。

 

幽霊は信じる人にだけ見えるよ。空をじっと見つめていると、魂に羽根が生えて飛んで行ける。思い出の中を吹く風は、誰にも止められない。

10年前にまた会おう。

理由を求めること

睡眠薬なしでは眠れなくなった。それに、下剤なしではろくに排泄もできない。こうなる前はそれが異常なことだと思っていたけれど、なってみれば思ったより深刻なことではなくて、なんなら「薬さえあれば全部解決するんだからまだ大丈夫」って、えらく楽観的だ。こんな調子でこれからもあちこちが壊れて、いつの間にかサプリなしでは生きられない身体になってしまうのだろうな。でも、だからなんなんだって思うよ。009です\(^o^)/

生まれたら、あとは死ぬだけだね。

 

 私の狭い知見では、物事には必ず始まりと終わりがあるということになっている。原因なくして結果なし、終わりよければすべて良し。(言いたかっただけよ。)

 

興味のある人に好きだと言われれば、空気を読んで「私も」などと調子を合わせておけば良いのに、私はどうしても「なんで?」と聞いてしまう。興味があればあるほど聞いてしまう。先日恋人に「情緒が無い」と指摘されたばかりだ。何か嫌いだという話を聞くとまた「なんで?」と聞いてしまう。もう分かっただろうけど、私はとにかくどんなことにも理由を追求してしまうタチだ。例えばここで「感情に理由は無い」「なんとなく」なんて答えが出ようものなら興醒めだ。私こそが"勝手に期待・勝手に失望マン"だ。

 

好き嫌いに限らず、こちらのふとした疑問に対し「なんでいきなりそんなこと(笑)」「わかんない(笑)」と答える人は意外と多く、こういう人たちは、単純で目に見えて分かることとしか向き合えない。(でもその一面を見せてもらえるほどの仲ではないにも関わらず私が踏み込み過ぎている可能性もかなりある。)

しかしながら問に対して即答できる人・その場で分からなくても考えて、歪ながらも何か言葉に表してくれる人はやはり一線を画している。

 

問に向き合えること=自分と向き合えること

答えを言語化できること=自分を表現できること

 

と考えている。何でもかんでもノーリーズンやらアイドンノウで片付けることは、思考放棄なんじゃないの。「私は自分のこと考えたくありませーん」「自分のこと何も知りませーん」と主張しているのと同じだ。自分を語れない人に、少なくとも惹かれることは無い。何の話も知らないわかんないなんとなくじゃつまんない。だもんで今日も今日とて理由を求め続けるよ。

 

改めまして009です\(^o^)/

天空目線でペチャクチャピーと書いてるけど実はこれ、自分への戒めでもある。金銭的、精神的に少し余裕ができ、暇な時間ができた今でこそ、食う寝る以外のことにも目を向けられるようになったけれど、これより前はひどかった。生活を営むことに手一杯で、他人または自身の疑問に向き合う余裕もなかった。ノーリーズンアイドンノウコンテスト優勝候補者だった。

だからこそ分かる、余裕の無い奴はつまらない。つまるつまらないの話ではないことは分かっている(むしろつまっているだろう)が、私の中ではやはりつまらないのだ。

 

すべての物事は多面体だ。一つのことにとらわれて、一つの面しか見られなくなったら、それは3次元→2次元くらいのグレードダウンだ。奥行きロス。失われた奥行き。いや2次元の方が趣深い場合があったとしても…。

忙殺されてはならない。…されたい人はされてください、そこは個人の自由ですし。(ところで忙殺って漢字ヤバくない?心を亡くして更に殺されてるんだけど、どういうこと?ハ?)

すべての感情に理由を見つけてください。自分のことを知ってください。わからないなんとなくで済ませないでください。自分から逃げないでください。内側に引きこもっている自分を発見してくれるのは白馬に乗った王子様ではない。誰でもない自分です。

 

ってちょっと説教めいてるね。数年後も同じことが言えたら良いなあ。暇を持て余すってサイコー。

 

日記を書くこと

高校卒業と同時に手に入れた携帯電話はまだガラケーと呼ばれる旧型のもので、白くて薄い、折りたたみ型のケータイだった。

 

高校の入学祝いにと買ってもらった分厚くて赤いケータイは、数ヶ月も経たないうちに勉強に身が入っていないだの親の気に食わない彼氏となかなか別れようとしないだのコソコソするなだのそういうしょうもない理由で何度も取り上げられ、挙句の果てに無断で弟に貸し出されたあと、水没で二度と画面が点灯することのない状態で私の手元に戻った。(弟はべつに悪くない。ただの事故。)

中学時代からずっとずっと憧れていた"ケータイ"。一人部屋を与えられても四六時中監視され、抜き打ちで持ち物を検査され、家のルールも厳しかった私の家庭の中で、ケータイだけは唯一の、私だけの秘密の箱だった。ケータイだけが私の部屋だった。それが思春期の私には与えられなかった。それだけと言えばそれだけの話ではあるが、その時代にケータイを持てないことの乗り遅れ感と言うか疎外感、孤独感は、高校時代を経験しただいたいの人には想像が易いはずだ。

仕方なくブログの更新もメールのやりとりも、親の見える場所で、決められた時間内に共有のパソコンから済ませなければならず(それ以外の時間帯はネットの接続をさせてもらえなかった)閲覧履歴もメールの履歴も見られたい放題。プライバシーって炒めて食べると美味しいのですか?というレベル。

当時付き合っていた男の子との共同ホームページのURLを書き留めた紙の切れ端をママの机の引き出しから発見したときには絶望したものだった。もはや私にプライバシーなんてものは存在しないと知ったのだ。見られても問題無さそうな、当たり障りのない内容のメール、綺麗事ばかりを綴ったブログ。それからの私は、高校卒業に至るまで、液晶の中でさえも偽り通した。ザンネンッ。

 

話は戻るが高校卒業と同時に手に入れた携帯電話はまだガラケーと呼ばれる旧型のもので、白くて薄い、折りたたみ型のケータイだった。

 

 社会人になった記念にと、どういう風の吹き回しか親がまた買い与えてくれたのだ。もうトラブルメーカーの男はいないし勉強で成果を残す必要もない。お金は自分で稼いでいくし、取り上げられる理由が無かった。18歳の春。周りのみんなより少し早い社会人デビューと共に、私は初めて"自分の部屋"を手に入れたのだった。

まあしかし元々上手くいかない私と両親の間柄、予想通りすぐに家を追い出され、皮肉にも20歳の夏、私の自由はより確固たるものとなった。

 

長い前置きは平常運転、長い前髪は過去に置き去り。009です\(^o^)/

西の黒服ナルシストと名乗ったのは遠い昔の話で、今や見る影もなくそこそこ明るい色の服を着て、十分な栄養を摂取し身体はやや丸くなり、職場を転々としながらもそれなりに、あの頃描いた理想の世界を生きている。

 

数年前、知る人ぞ知る…っていうか知らない人は居ないのではないか、mixiという名のSNS黒歴史(黒ガールだけに)を構築した私だが、実はそのアカウントにおいてファッション自撮りよりも注力してきたのはズバリ"日記"の更新である。

社会に出て、家を追い出され、精神を病み、誰への相談もなしにポッと退職するくらいの、ちょうど2年間ほどの出来事が綴られている。

学も文才もこれといった趣味もなく、よくぞあれほどグダグダこじらせた堂々巡りの思考を日々公の場に晒し続けられたものである。我ながらたまげたよ。恋愛のこと、仕事のこと、生活のこと。くっだらない。

などと書いている今も、実は同じことの繰り返し。まるで進化が見られない。でも気にしない。人生はループする。

 

さて私がブログという形を採り"日記"を再開しようと考えたのには理由がある。単にもうすぐ死んでしまいそうな気がするからだ。そんなこと言ってちゃっかり1世紀生きちゃうかもしれないけれど、もう一度液晶の中に自分の生きた印を残しておかなければならない気がした。生まれ変わって、いつかまたここに辿り着いて、もう覚えていなかったとしても、もう一度私に私の存在を知ってほしい。

何を言っているんだかさっぱり分からない人も居るだろう、だって私もよく分かっていないし。始めるのだ。とにかく綴るのだ。それだけのことである。あらせられるのであります。

 

ときに、そのmixiブイブイ言わせていた頃の私はちょうど病みの全盛期だった。色々なことがイッパイアッテナ。単刀直入に言えばうつ病だ。今の言葉で言えばメンヘラ。

メンヘラというのはどうしてか、多面体であるはずの自分の性格の、最も暗い一面にスポットライトを当てる傾向がある。精神を病んでいること、暗く落ち込んでいる状態に自我を見出す。それが本当の自分だと思い込み始める。

これらは偏見ではなく私の経験だ。

 

そんなわけで私は約二年間にわたり、鬱々とした内容の日記を書き殴り続けた。よくネタが尽きないねえなんて言われたりもしたが、当然だ。当然のように次から次へとフラッシュバックや被害妄想の波が押し寄せる。そのはけ口がmixiだった。

 

ところがどうだ、精神病の元凶となる会社を辞めた途端に、日記に書きたいことが何一つ思い浮かばなくなってしまったのだ。

当時は気づかなかったのだが、既にうつ病ではなくなっていたのだ。これまで自分の核の部分だと思い込んでいた暗い面が、退社を境に光を反射しなくなってしまったのだ。この時、アイデンティティ喪失の疑似体験をした。

自分を失ったという思い込みでアウトプットがままならなくなった。空っぽになったような気さえもした。まるでそういう宗教であるかのように毎日着ていた黒い服への執着心も失った。普通の状態に戻っただけのことである。

 

ほどなくして平和な環境に慣れ、一時は唯一の心の拠り所としていたmixi日記も、心が豊かになり現実世界に楽しみを見つけられるようになった私には、もはや不要となった。

 

こうして完全に、自由の部屋より外の世界へ飛び立ったのだった。

 

そして今、"人格の多面体"の最も暗い一面以外にも向き合い、遅咲きながらも自分を理解し新たなアイデンティティを獲得した私は、再び日記を綴るに至ったというわけだ。

 

ちなみにこの日記を書くのに3度の夜を要した。いかんせん集中力が持続しないタイプのポケモンなのだ。

今後はもっとライトな内容と文量でお送りしたい。

 

高校卒業と同時に手に入れた携帯電話はまだガラケーと呼ばれる旧型のもので、白くて薄い、折りたたみ型のケータイだった。だけどそれも失った。この手の中にあるのは最新型のスマートフォンだ。時代は、変わったのだ。

 

このダラダラグダグダコンテスト優勝レベルの記事をここまで読んでくれた暇な君、ありがとう。

私はこれからも、ぼちぼちと生きるよ。