009-009

ロングロングプロフィール

選挙へ

頭が痒くて目が覚めた。それは途方のない痒みで、ばりばり掻き毟って傷ができても治まらず、指先が血でべとべとになるまで延々と頭を引っ掻き続けた。変な話だが本当の話だ。それから、朝の4時にもかかわらず、私は不潔なんだと大声で叫んで、そのあと、しくしくと泣きながら何度もシャンプーをした。洗い流して、またシャンプーをした。何度も何度も。気が済んだ頃にはすっかり日が昇っていた。少し仮眠を摂っていつも通り会社へ向かった。頭皮がせんべいのように乾いて痛い。そこで初めて安心した。とっても痛いが痒くない。今夜は安心して眠れそうだなと。

その日の晩は命を狙われる夢を見た。ドアスコープを覗くと刃物を持った女が立っていた。もう夢で命を狙われることなど慣れっ子なので勢い良く開けたドアの隙間から刃物を奪い取り逃げ去った。追われてもここは私の脳内。どうとでも操りようがあるのだ。この時点で私は既に気づいていた。明晰夢というやつに。ダクトの中を難なく這い進み辿り着いたのはパパの居る部屋。ここまで来て敵の気配の消失を察した。なぜか夢の中ではパパが安心の象徴になることが多く、彼が現れたらセーフなのだ。つまり今回の夢の勝者は私。見事逃げ切ったというわけ。

はあそれがなんだって言うんだ今夜も頭が痒い。009です\(^o^)/

 

明日の予定が無いのが不安で眠れない。常にタスクに埋もれてなきゃなんないの私は。空白が私を狙ってる。何かに没頭してなきゃ殺されてしまうのよ私は。他でもない私にね。言ってることわかる?自分と向き合ってるときが一番苦痛だって思う、だから他の何かに目を逸らしてる。気を取られてる間に時間が過ぎてくれないかな。全部時間が解決してくれないかな。ないよな。

 

彼氏の話聞いてくれない?30手前で「彼氏」はないよなという気持ちと、それ以外どう言い表しようがあるねんというどうしようもない気持ちが交錯するスクランブル交差点でございますが、それはさておき彼氏の話。彼氏と出かけた。車に乗って田舎へ出かけた。というかこの街を出たら他はだいたい田舎であるからして、わざわざ田舎と表記するのは余計の極みであり蛇足であることだが。FM802が入りにくいのでチャンネルを切り替えてくれとか難しいことを言うのでメカ音痴なりに一生懸命ボタンをポチポチ触ったがいっこうに受信できず。唯一聴くに堪えないつらい民謡(ごめんなさい)が流れている番組に繋ぐことができたがそれではいけないという。ふとそうだそうだと思い立ち昨夜聴き逃した番組をラジコのタイムフリー機能とやらを使ってスマホの音量最大にしてシェアさせていただく運びとなった。途中彼が何か話しかけてくるが私には聞き取れない。聞き取れないというのはラジオの会話に神経を集中させるあまり脳が彼の話をないがしろにしてしまうということだ。彼の話に集中すると番組を流している意味がなくなってきてしまうしでシングルタスクな私は非常に不便な思いをした。ためしに両方を聞き取ろうとすると「昨やま日だ会ひさ社で上しの司ラジがアさン〜」といった具合に音声が交じり合う。最悪だ。どっちもよく分からない。どっちも黙れ。まあそういうわけで正直にそれを伝えると、「ていうかなんでラジオつけてるの?うるさい。俺の話に集中して」のリクエストあり、しぶしぶやまだひさしのラジアンリミテッドFを終了させたのだった。変だな。私が変なのかな。パワハラに遭った気分だよ。変かなと思うことがまともだったり、正しいと思っていても実は間違っていたことなどザラにあって、私の意見は世論ではないということを重々承知しているため、こういうとき喧嘩を売らずじっと耐える。あとで人に意見を問うたりするが、私の周りにはもうほとんど人がいないので、機会に恵まれずこれもそのうちポッカリ忘れてしまう。それもいいけど今日は書いとこっかなって。

 

選挙の案内が届いてた。無知なので、選挙なんてと思ってこれまで逃げてきたけど、今回はちゃんと行こうかな。この一票が国を動かすわけがない。でもこの一票が私を"選挙に参加する一般的で常識的な人間"に変える機会をくれるなら、今度こそは立ち向かうべきだと思う。踏み出すべきだと思う。普通人間への第一歩を。

色々書いても全部無意味だけど。書いたことは全部本当。変だな。

静電気ポケモン


f:id:nikolog:20170929001517j:image

静電気帯びてるガールはそのとき、盆栽の趣味を始めようと閃いた。メモらなければ忘れるだろうが彼女はメモらない。閃くことが彼女の趣味だから。

羅生門

鮭の切身についてる鱗を一生懸命削いでると羅生門で死体の髪の毛抜いてる老婆とシンクロする。切身は良い。切身には瞳がない。瞳がないから何かしらのメッセージを送受信し合うことなく調理は順調。このごろ行き過ぎた動物愛護ブームが到来しているという。何しろデモまで起こっていたのでちょいと耳傾けると「お肉を食べるな!」「動物守ろう!」「週一食からでも菜食に切り替えよう!」何それ。

遡れば旧石器時代(もっと前か?)から今よりもっと効率の悪い手法で生き物を惨殺し、その肉を食べて人間はここまで発達したのだ。ふんわりと言いたいことは伝わるがこれはヒトにとっての自然であり食物連鎖だ。肉食はヒトの伝統であり文化であり生活の軸なのだよ。今更さあ、もう遅いよ。どれだけの犠牲の上にこの生活が成り立ってんのかわかるでしょ。肉も野菜も虫も魚も生きていて、みんな痛かった、それに熱かった。冷たかったし、孤独だった。でも肉も野菜も虫も魚も同じように別の生き物を食べて生きてきたのだよ。いいのだよ。生きていたいと思うなら、いただくことは悪じゃない。

余談。近年見かけるヴィーガンレストランで、肉の食感を大豆で表現!まるで本物の肉!のようなコピーのデカデカ入ったメニュー表を目にするたびに、(菜食主義を名乗りつつも肉を食べたいという心が死ぬことはないのだね)と複雑な感想を持つのさ。各位、正直に。

ノーメイク・ノーパンツ


f:id:nikolog:20170926235025j:image

メイクして服を着るのが果たして嘘の人生なのかな?それはさておきところ構わず服を脱ぎ肌に風を感じるのは楽しいことだと思う。本当の風も本当の水もこの肌を通してしか知ることができないから私たち人間はなんとかして飛んだり潜ったりするんです。地球現象には伝聞のみでは理解できぬ愛おしさがあるのです。

文フリにまつわるエトセトラ


f:id:nikolog:20170925235038j:imageサークル てふ「ら」


f:id:nikolog:20170925235049j:image左/平川マオ「おいでよ!ボリウッド」右/かたち「私よ、こんにちは」


f:id:nikolog:20170925235141j:imageサークル アイスコーヒー 歌集「赤い犬」「青い犬」

 

0918月祝 大阪文学フリマにてゲットした本を撮り集めたらオシャレっぽくなった。文学は、ファッションと密接な関係を築いている?それは存ぜぬ。今はかたちさんの本を読み進めてる最中。進捗15ページ。(全98ページ、道程は遠い。)

ただ私は女。今は男の身体で暮らしているけれど四、五時間前までは延々なるかわいこちゃんでありました。紳士性など育む必要なく天真爛漫に暮らしていました。そう云うわけです。時間を経て紳士になるわけです。今の私は想像の紳士に過ぎません。(「私よ、こんにちは」P11)

今夜のお気に入りはここ。今後も続々見つかってゆくことでしょう。本を読む意義のたいていはここにあります。男と女が自意識交換なんて使い古されたネタをまたなぜなどやはり愚問だったのだと自分の中の自分に教えてあげます。進捗10%ですでに右ストレート頬に受けた気分。読み終える頃には真っ白に燃え尽きているかも。沙奈は中学生ながらも自分の性を理解しその特権を利用して生きてきた。そして、その自覚がある。身体はともかく普通より早熟で達観した女の子なのだ彼女は。自己理解のある女の子。現実世界にはどの層にもあまり見ない。身の丈を知る女の子だ。だからこそ新しい状況も簡単に受け入れる。理解する。これまでの特権はすべて無効化される。そのことに彼女は動じない。理解しているから。

 

かたちさんの文には句読点があまりない。音読すると声が絶え絶えになる。でもそのスピード感がいいのかな、私はなんだか夜のサイクリングへ出かけたときのような、広々とした気分に。文が繋がっているということは、ここからここまで空間が同じですということ。文が点で止まらないということは、空間は広く大きいのだ。きっとかたちさんの世界は広く大きいのだと思う。今日は、ここまで。

GASUMARU

 

 

f:id:nikolog:20170920003140j:image

店長「俺は君のような正直な人が好きだよ」

弟「はい」

 

今はもうないけどアメ村に弟行きつけのガスマスク屋があった。きれいなひとたちのきれいな会話に混じって話せなかった。何も話したくなかった。何を話しても彼らのガラスを曇らせてしまう気がした。何も話さずただ店長と弟の透明なやりとりにうっとりしていた。