009-009

ロングロングプロフィール

ホーム

私の価値観が全てではなく、家庭の背景は千差万別なので、約束を守らないこと、ただの俗物なこと、いつまでも親の世話になってること、行動せず死を待つだけの存在なことなんかも、許されれば何でもありなのかも。許される場合があるんだよね。たぶん。私やあなたには許されなかった。物や人間関係を取り上げられた。手に持ってる物で殴られた。まだ外も明るいのに、門限をすぎると家に入れてもらえなかった。お金がなく、充分に食べられなかった。テストがあった月のバイト代は少ない。入浴中にカバンをひっくり返され、持ち物の検査をされた。電話の履歴を印刷された。守れない約束について、言い分を聞いてもらえなかった。気に入るようにならなければ、何でも奪われた。私やあなたは許されなかったが、逆に、許される家庭で育った人もいる。許されてきた人はみんなにこやかで、すべてにおいてルーズで、あつかましく、他人の顔色を気にせず、無神経に発言する。衝突は当然、しょっちゅうで、いやになる。しかし意外と敵ではない。

他人に許されてきた人は、他人を許す人になっていくのだと思う。その大きな器が私を簡単に受け止める。私の器は小さくて、ひびいって、何も受け止められないし、受けたとて取りこぼしてしまう。

他人に許されてきた人は、他人を許す人になっていくのだと思う。その大きな器が私に似た小さな器たちを、あたたかく受け止め続けていくのではないか。

色んな育ちがあることについて、嘆くより讃えたい。

2016年まとめ(随時更新中)

Don't think.FEEEEEEEEEEEEEL.

〜長いから、シャッて画面をスクロールして止まったところから読み始めてください〜

  • 元旦にカップ・ラ・メーンを食べたので、そういう一年になるのだと思う 1/1

  • 今年も道頓堀川へ人がダイブしていました。なぜ大阪のウェイはテンションが爆アゲになると道頓堀川へ飛び込むのだろうか。答えは道頓堀川の中…。1/1
  • ひたすら「ほんまそれ!」って言ってもらいたい夜だ。1/1
  • 気付かなくて良いことに気付きアパチャイになる人々とひっそり森の奥で暮らしたい。1/1
  • 変に記憶力が良いから思い出が鮮明過ぎて、ゲロってしまうことない? 1/1
  • 疲れるのが嫌だからって全部から逃げていると、そのうち大切な物も放り出してしまうから、だるいだるいって言わないでちょっとだけ立ち向かう一年にしようと思う。1/1
  • 昨晩眠れず疲れて、目の下がシワシワになり完全にうちはイタチになったので、鏡に向かってしばらく「サスケェ…」「犠牲になったのだ…犠牲の犠牲にな」って話し掛けて遊んだ。1/1
  • この間実家に帰ったら、ショートカットになった私を見てみんなが「どうしたの、そんなに頭を丸めて。」「出家…?」とざわめかれました。出家?1/4
  • 私たちが歳を取りおじさんとおばさんになっていくのウケる。1/4
  • ワーかわいい!10代かなと思ったら年上で、おじさんキングかよって人が同い年だったりするの、生物の多様性を感じられて趣深い。1/4
  • ○歳でそれはナイでしょ?!って言われるのが面倒だから、先取って80代くらいのファッションを楽しんでる。80代だからハイヒール履きません。1/4
  • 声をかけてきた男の子には片っ端から「42歳だよ」って言ってるけど誰も信じなかったので、私は42歳ではないと思います。1/4
  • 成人式に参加していない為、成人していない恐れが生じている。1/4
  • クックパッドと間違えて駅探アプリの乗車駅の欄に「たまねぎ」って入力してた。1/5
  • 今日発売の、ミスドクレームブリュレドーナツを食べなよ。最高だよ。関東でもミスタードーナツのことミスドって呼ぶの?とにかく食べなよ。最高だよ。1/5
  • 肝心なときにいつもタルタルソースがない。1/5
  • みんなって何、お前の友達?インターネットの人?会社の同僚?一つのコミュニティの意見だけが世論だと思うなよ。1/5
  • 恵まれない子どもたちに月額募金してくださいってお願いされて、無職なので内定もらってからでも良いですかって聞いたらペコペコ謝られた。気にしないで。1/6
  • 人の言葉が心に染み渡ったとき、おでんの大根の気持ちがわかるようになる。1/6
  • 意地悪されたことを人に話すとだいたい「あなたに嫉妬してるのよ」って言ってくれるけど、そうじゃないって知ってる。自分の見下している人が少しでもハッピーを手にしたり認められたりするのが気に食わないんだよ。やきもちとかじゃなくて、お前にハッピーは似合わないって思われてるだけ㌨。1/6
  • じゃ、間違えて購入したブッダの本読むからあとはよろしくね。1/6
  • ロッキー、その山脈はいったい何よ?!1/7
  • 眺めて可愛い、食べて美味しいのでお魚は正しい生き物…。1/7
  • 焦げただけなのに「焦がし○○のスープ」って名前付けたらかっこよくなる。1/7
  • 真っ向からかわいい!って言うの勇気要るから仕方なく部屋でひとり「かわいい…」って呟いてる。1/7
  • 初詣、皆が目を閉じ手を合わせ神に祈る中、私は同じようにして神様へクレームを飛ばしていました。帰りにおみくじを引いたら凶で「神って幼稚だな…」と思いました。1/9
  • わかっていても助けてくれない人がいて、わからなくても助けてくれる人がいる。1/9
  • 水面を眺めたいからお風呂に水を張った。水はいいなあと思うけれど、風のような人ばかり好きになる。1/9
  • 魚の切身に包丁を通したときに流れた赤い血の色に謝罪しました。1/9
  • すれ違ったら巻き戻してもう一度巡り合ってね!1/10
  • 人混みの中を歩いていると意識が他人に乗り移って一歩も動けなくなってしまうことがある?1/10
  • 私と顔が似ている人がSNSに自撮りをたくさんアップロードしているのを見て著作権を侵害された気分になっている。1/11
  • 蝶の幼虫を飼ってるってママに話したら「でもすぐ死んじゃうんでしょ?そんなの可哀想で、私なら飼えないわ。それとも虫だから、一匹一匹の命なんてどうでも良いって思ってるの?」と聞かれて、そういうサイクルで生きている動物だと理解すれば死も受け入れられると話したけど理解してもらえなかった。たとえば、蝶の4ヶ月と人の80年は同じ。好きでいる為には、それを解るべきなんだ。1/11
  • 舌に口内炎ができて、それがいちいち痛いので、生を実感している。1/11
  • 口を開けばちんぷんかんぷんなことばかり喋ってしまうから、黙っていたいなって思ってるんだ。1/11
  • 人生2回目なのに上手くいかない。1/13
  • 高校時代の親友のお母さん、前世が見えちゃう人で、親友は新生?(1回目)らしくて、私には前世があるっぽいんだけど、「009ちゃんは………。」って黙ったきり、それがどんな立場の人なのかは教えてもらえなかった。1/13
  • 選ぶということは、偏るということであるからして? 1/13
  • 死は選択肢ではなくゴールであることを心得たい。1/13
  • 派遣会社の人事男性に勤務時間帯を尋ねたら「8:00から20:00ですね、あっ、でもいつもそれより遅くまで会社に居るので22:00にご連絡頂いても対応できますよ!メールなら24時間オッケーです!」とニッコリされて、(いつか私が白い会社を建てて君を迎えに行くからな…)と思いました。1/14
  • 貯金あるある:ない 1/14
  • 子ども1人につき国が3000万円支給してくれるなら、何万人でも産んでやるって言ってるだろ?!1/14
  • 人間気持ち悪すぎる、イモムシになりたい。1/15
  • フィルターを掃除してエアコンをつけたら効いて、驚きました。(今まで全然効かなかったので、うちのエアコンはそういう性格なのだと思って諦めていました。)1/17
  • いつでも逃げられる場所から喧嘩をふっかけてくるの、弱くてダサいしロー・ディメンションだから、一次元に帰ってくださいという気持ちです。1/17
  • たらこバターご飯を食べながら、命の重みを感じている。シャケは一匹でアレなのに、イクラはたくさんの命がアレじゃないですか?(語彙力の欠落) 1/17
  • ブルジョワジーなので、肉じゃがの肉は牛です。1/18
  • 高校生の頃、好きな男の子に「チョコ好き?何チョコが一番好き?」って聞いたら「ポテチ」って言われたからポテチ作る練習したことある?ポテチは上手に作れませんでした。1/18
  • 医学部の人に「死んだらお前の身体、俺にくれよ…。」って言われてから医学部の人のことそういう目で見てる。そうやって私のこと三枚下ろしにするつもりなんでしょ。1/18
  • 一年以上付き合った人は覚えているし、それ以下の人は顔も名前もよく覚えていない。好きだったのは本当。1/19
  • 早くカマキリになって、事後に好きな人のこと食べたい…。1/19
  • 私の中の1人が、無職は悪いことだからあまりみんなの働く平日に楽しい思いをしちゃだめよと叱りつけてくるので、たくさんの御社にエントリーしたり家事をしたり人形を作ったりして誤魔化しているけど、よく考えたら何が悪なの?むかつく。1/20
  • シンデレラだから、日付が変わるまでに洗濯を済ませなければならない。いつか王子様が部屋干しトップを持ってやって来る……スヤスヤ…1/20
  • チェッ、金剛力士像みたいな色のアイシャドウを塗りやがって。1/21
  • 好きな人がこんど仕事でスーツを着る機会があるらしいのですが、その姿をこの目に納めることが出来ないのがドチャクソ悲しくてけちょんけちょんな気持ち。絶対にカッコいいとしか考えられない、全米が震撼するに決まってる…その衝撃で日本列島は海底へ……ハァ、アトランティス…。1/21
  • インターネットで知り合った御社と会うの、メル友と待ち合わせするみたいなドキドキ感があるね。1/22
  • 部屋が全然片付かなくて、ダーティ・ラビリンスと化してる。1/22
  • 田舎特有のデカいショッピングセンターとかデカいチェーンのファミレス、デカいファーストフード店が好きなんだ…ただデカいだけというその事実が、この胸の高鳴りを加速させる……Hoo…1/22
  • 煮物はだいたい醤油と砂糖で煮れば良いんだろって思っているから全部同じ味。1/23
  • 人は愛してるの響きだけでは強くなれない。もっと好きとか可愛いとか言ってくれなきゃいつまでも弱い。1/23
  • 一度寝て起きたらこの気持ちはもう取り戻せないから書いて書いて書きまくる、そして明日の朝、自分を嫌いになる。1/23
  • テレビみたいに消してね。1/23
  • すぐ人生とか宇宙とか大きな規模で薄めて注意を拡散させたがるわね。1/24
  • 焼きたての情緒よ。熱いうちに召し上がれ。1/24
  • 結婚するなら好きなものが同じ人より嫌いなものが同じ人が良いと聞いて、女子のグループと似ていると思いました。1/25
  • 秋田や福岡の女の子ばかり美人だと言われているのが気に食わないので、秋田や福岡へ行って数十人ほどポンポコ出産して、顔面偏差値をドッと下げようと計画している。1/25
  • どうでも良い男に俺のおごりで良いからさ!と言われても、当たり前だろ金だけ置いて立ち去れとか思ってしまうから私はノットヒューマンだ。恋人と食べるならティッシュペーパーでも美味しいから味覚はあまり信用してない。1/25
  • 生命線長過ぎ問題 1/25
  • 向日葵みたいな人が苦手だ。明度も彩度も高い色の夏に咲く花。いつも太陽の方を向いている。みんな揃って太陽の方を向いている。みんな。みんな揃って太陽の方を向いている。不気味だ、本当に苦手だ。1/25
  • 浴槽で寝ると、いつの間にかお湯が冷水に変化しているので、目覚めた瞬間に状態の良い遺体の感覚がわかる。死を体現していると言える。1/26
  • 何を言っても無駄だぞ。眠いからな。1/26
  • 「"嫌い"ってことは、まだ関心あるってことでしょ?」ってどんなポジティブさだよ。トイレの水が撥ねて飛んできたときや六畳間でムカデと対峙したときの気持ちが分かる?嫌いってどんな感情だか分かる?1/27
  • 味濃いハンバーガーしか食べたくないという強い思い、味濃いハンバーガーに届いてほしい。1/27
  • エビとサツマイモ…一見共通点の無い2人だが、実は天ぷらにすると、美味しい!1/27
  • またバスを乗り間違えて変な工業地帯へ入っていったので、営業職を辞めて本当に良かったと思う。1/28
  • 37458(みなしごハッチ) 1/29
  • 人格がここまで更生できたのは、少し前まで働いていた会社のお陰だと思っている。私の精神や生活を大切に守ってくれる会社を、私も大切にしたいと真面目に思ったことがあって、そんな調子で徐々に角が取れていった。ブラック企業に在籍していた頃は記憶障害付きのうつビッチだったので、何社か転々としたものの、私を雇って大切にしてくださったホワイト御社の数々には感謝してもし切れない。御社に感謝 1/31
  • 尻はアウトプット専用とばかり思い込んでいたのだが、強制インプットも可能であるという知見を得、この頃は尻の底知れぬ可能性に期待を寄せている。(寄せていない) 1/31
  • 「あなたは水のような人だから、留まると澱み、流れることで透明さを保ち続けられる」とのお告げを頂いたため、これからもどんどん気分と成り行きに任せて転職し続けたい。2/1
  • 私が孤独死したら国庫に納めてね。2/4
  • 水死体になりたくて浴槽の底で聴いたアンビエント・ミュージック 2/4
  • 理科室のガラス瓶になりたい 2/6
  • 勝手なことばかり言って自由気ままでいられるのは守るべきものがないからだと言われたけれど、この身軽さを失うくらいなら守るべきものなんて増やしたくない。自ら選んで縛られて身動き取れなくなってるだけなのに、どうしてそんなにえらそうなの。2/6
  • 誰か飛び降りたという屋上から見せられた夕方の空、何の感動もなくて、君の気持ちに気付けませんでした。2/6
  • 寝たら直ると思っていたものが直らなくなったら、死に向かって壊れ続けていることが実感できて面白い。2/7
  • ナマコはびっくりすると身体の中身を全部吐き出して、しばらく空っぽのままで生きていくので、非常に虚無。2/7
  • 私の幸せなのに、私ひとりで作れないのはおかしい。やれやれ、僕は永眠した。2/7
  • そうそう、溢れているから失ってもまた得られる。そういう環境で、選んだり捨てたり捨てられたりして生きてるよね。2/8
  • 人間が嫌だと言いつつ特定の人は好きになるので、何か法則性があるのかもしれない。たとえば、その人は人間じゃないとか。2/10
  • 私は天才だからと言ったら必ず「そうだよ」と答えてくれる弟のことがとても大切だよ。2/10
  • 太陽は6000°、それに比べて私は36°…。まだまだね。2/11
  • 淘汰されるとか絶対に無理なんで、逆に淘汰します。私が太陽と互角に渡り合える体温になれば、お前らなんて風前の塵に同じ…ウッフフ…。2/11
  • (みんな必死で語り合ってて面白い。私たち、いつか死ぬのに)と会議中に考えて吹き出した。2/11
  • 私もよく、というか家を出るまでずっと親の決めたルールに逆らえば娯楽品を取り上げ続けられた。品を変えたり手段を変えたりでいたちごっこが続いただけだったけど。本当に色々なものを取り上げられてきたので、何をなくしても生きていけるという自信があるし、これがなきゃ生きていけないと思うことがなくなった。残酷なのは日常を壊されることだけれど、慣れてしまえば日常は何かに壊され続けるものだと気付く。日常なんて無いことにも。突然の変化や逆境に怯える気持ちはなくなった。日常を壊され続けた子供はいつか慣れ、すべてのことに冷めていくことが身を以て分かる。取り上げ教育は結果的に大きく私の成長に貢献したので、まあ一周回って愛だったのかもしれない。為になれば愛、為にならねばただの害。2/14
  • 部屋にひとつ蝶の蛹があることで孤独じゃなくなる。春になったらまた会えるけれど、それはそれでとても寂しい。生きているから美しいのか、いつか死ぬから美しいのか。2/15
  • いかにも「息子のです」みたいな顔して赤ちゃん用のカレーをレジへ持っていく。2/16
  • ハイチュウを口に入れたまま喋るとよだれマンになるので、ハイチュウを口に入れたまま喋ってはだめです。2/17
  • 私に関わった人間全員に共通する優しさは、「あなたの代わりなんていくらでもいる」と私に伝えなかったことだと思う。2/17
  • 私に風水を勧めるな。北枕で寝ている女だぞ。2/17
  • 「神に誓うな己に誓え」じゃねーよ、神は私だ!2/18
  • カードでクツを買ってヤベーってなってるけど悪気は無いんだ、浪費を愛してる。2/19
  • 当たり前のことなんだけど、同じ虫でも兄弟で一匹ずつ模様が少しずつ違くて、親が違えばさらに違くて、だから、私はイモムシ一匹一匹を識別できてた。もちろん、蝶になってからも。小蝿とかゴキブリとかもそうなのかなと思ったら、もったいなくて、殺すのがかわいそうになるよね。2/19
  • 許してないし忘れてないけど、許したし忘れたみたいな顔してる。2/19
  • あのときの面影が残るほど、みんなまだ若いから、早くしわしわになって誰が誰だか分からなくなって、あのときのことを忘れさせてほしい。2/19
  •  説明時にはチェックリストを作って、話した順にチェックを入れて漏れが無いよう努めているし、メモを取らせて今のところ問題ない?と項目毎に確認する。マニュアルも作って渡しておくし、それでも分からないなら何度でも聞きにきてねというゲロ甘スタンスなので、私の下では誰も育たないと思う。2/20
  • テンションは下降の一途を辿っている。2/21
  • 言葉は添えるだけ。すべてじゃない。2/21
  • 抗不安薬って呼ぶの嫌いだから神経に効くお薬って呼んでる。2/22
  • 人が人に恋をするに至る細やかなプロセス全部キモいから排除して。2/23
  • 「つらい、疲れたって言いながらも毎日一生懸命頑張ってるところが好きだよ」と言ったら泣いて喜んでいたけれど、本当は、何も言わずに頑張ってる人の方が好きだな。2/24
  • 親しい人が死ぬのは仕方ないけど、親しい人が死んだことが分からないまま時が流れて、いつか記憶の淵から落ちてなくなってしまうのが怖くない?いつ死んでしまうか分からないから、お財布の中には実家・親しい友人・恋人の連絡先を書いたメモを入れてる。たまにあのとき君がああしてくれたから私はとか、君のこんなところを尊敬していてとか、突然伝えて「なんでいきなりその話」と笑われるけれど、私たちは毎日別れ話をしなきゃ、ある日突然死んでしまうんだよ。2/24
  • 想像することは穢れなので、ふとんを握ったり離したりして、確かな感覚だけの世界に生きようとしている。2/25
  • 漢字の書き取り練習で、よくゲシュタルト崩壊を起こす小学生だった。2/25
  • 絶対にムキムキの犬を飼いたい。2/26
  • この間中学も高校も同じだった女友達と、なんであの高校に入ろうと思ったの?って話になって、家が近いからとか制服がカワイイからとか学力レベルに合わせたとかで、志のない集団だったことがわかった。(完)2/27
  • クソミミズって呼ばれているミミズがいるのだけど、とぐろを巻いているだけなのにそんな呼ばれ方ってあんまりじゃないですか?2/27
  • 虫は無口でカッコいいから最高…。2/27
  • 形がうまくいかなかったオムレツに、「なんや?」って声掛けてる。2/28
  • 恋人のかわいいところの一つに、服や小物の写真をLINEで送ってきて「これどう思う?」「これかわいいと思ってるんだけど」と逐一相談(?)してくれる点が挙がります。しかも会議の末、後日買い物に付き合うことが出来る喜びがあります。着せて、こうしたら似合うとか、本当にかわいいとか言って楽しむのも良いですし、店員さんが「本当にスタイルの良い彼氏さんですね」って言ってくれるのに対しドヤ顔で「そうです」と威張るのも良さですね。彼はだいたい返事もしないで鏡の前でクルクル回っているので、私が代理応答しています。2/28
  • クラブのナンパお兄さんの質問が①いくつ?②どこ住み?③社会人or大学生?なのテンプレすぎて面白いよね。2/28
  • 携帯電話が側にいないと寂しいし、髪はなるべくたくさん抜きたいからこれからも生えてきてもらわなければ困る。2/29
  • つまんねー話をエンドレスリピートするのがコミュ力じゃないわよ。3/1
  • 料理の道で生きていく!と言っていたのに今は詐欺師まがいの化粧品売りしてるあの子より、若い頃から何もしたくないって言ってて、今も何もしたくない私の方が芯が通っているのでは?3/1
  • 神経に効く薬をインターネットでバカバカ買った。3/2
  • 意地悪な先輩に「主語がない!」「主語は?」「主語が分からない!」と怒鳴られていたけれど、実は述語のことを言いたかったのだと知ったときの気持ちを思い出している。先輩は綺麗だったけれど、意地悪で、日本語の才能に恵まれなかった…。3/4
  •  人のプライドは何度利用しても無料。3/5
  • 植物の旅は、種子の時代に終わるのですか?3/5
  • みんなどこか歪な部分があって、一歩違えばキチガイばっかりなんだって怖くなった。ズレた部分が目に見えて分かる人の方が、正直で安心できるんだよね。一見まともそうな人の恐ろしさは、目に見えない狂気に集約されている。3/5
  • 好きな人を傷付けたら許さないって言ってる人、好きな人同士が傷つけ合ったらどうするの?3/6
  • 生きていれば一つずつ謎が明らかになるので、生きることをお勧めします。3/8
  • 「全然風邪を引かないよ、自己管理を徹底しているからね。」と言ったら、自己管理してても風邪を引いちゃう人にヤイヤイ言われるけど、「頭が悪い、これでも勉強した方なのに。」と言ったら努力が足りないんだとか言われちゃうの、腑に落ちないね。3/9
  • B専の人に愛されがちだけど愛されないより素晴らしいと思う。3/11
  • 営業職で勤めていたとき社長に連れられて行ったスナックでAKB48のアイウォンチューのやつを歌わされて、ママさんに「あたし分かるわよ。あなた、芯のある声をしてる。根性据わってるわ。」と言ってもらったのに、その会社半月で辞めた。3/14
  • ライフで天ぷら買って、ご飯と天つゆと合わせて食べて、美味しい!美味しい!って大騒ぎしたところまでは覚えているんだけど、まさかそのまま寝るとはな…。(床で冷えてる) 3/14
  • (自分の子供を幼稚園や小学校に通わせたくない…人は人との関わりにより濁り、自我を喪失し、"みんなと同じ"である自分に疑問を抱かなくなってしまう…ウウ…通わせたくない…)って深刻になってるけど子供居ない。3/15
  • なぜ一人が好きなのと聞かれて「純度を保つ為です。」と答えたら、まずい顔をされてしまうのは分かっているので「落ち着くんですよねぇ。」って返事している。3/15
  • ハンバーグを作る為に細かく刻んだ玉ねぎ全部床にひっくり返してバンクーバーになってるところです。3/15
  • 受験期にスティックシュガーの丸飲みにハマってしまい、人生史上最デブだった。3/17
  • 一日はなんて長いんだろうってくたびれて毎晩ネオンの光る街へ繰り出し朝帰りしていた頃とは違う。今は毎日が速くて、敵は記憶の中にしかいなくて、夜になれば電気を消してベッドの中にいる。どうですか?それで満足ですか?3/17
  • ギターだっていつかは壊れてしまうということ、今ある全部がない時代が訪れるということ。3/18
  • 居場所がないって言ってる人に「居場所は自分で作るものだ」なんて言うのは残酷すぎるから、うちにおいでよって言ってあげるね。3/22
  • 安定したくないのに、安心がほしい。どんなに高い場所から飛び降りても、下はフカフカのクッションになっていたらいいのに。3/23
  • どちらにしようかな 俺様の言うとおり 3/25
  • 上半身が魚の人魚姫でも王子様に選ばれたと思う?3/26
  • 片栗粉が目に入ってネバネバになってる人間、地球上にあとどれくらい居るんだろう。(片栗粉が目に入ってネバネバになってる) 3/28
  • どれだけ拳を交えても分かり合えないこともあるだろ。怪獣は死ぬ。ウルトラマンは生きる。そういうことだから。3/28
  • 内臓破裂で入院中、見舞いにきた元彼がショックでブッ倒れて、手の甲に点滴繋がったまま彼を抱っこで車椅子に乗せて救急患者の病棟まで走って運んだことある。さらにその見舞いに駆け付けた元彼の母もショックでブッ倒れて地獄だった。ナースコールしても来てくれなかったのに、お医者さんには「安静に!」って叱られたし、ママには「もうあの疫病神(元彼)とはかかわらないで」と怒られたし、なんかもう愉快な仲間たちって感じだ。3/29
  • どうでもいい人に鼻水を見せて「これ、死んだ白血球」って言って嫌われたい。3/30
  • 「自己中なところが嫌い」と言われたけど、私が自己中というわけではなく、私が君の思い通りにならないのが不満なだけと思うから、もう一度考え直してみて。3/30
  • 思考より身体が早いので、発言には責任を持つが、行動には責任を持てない。3/30
  • 早くこの身体から出たい。4/5
  • エンドレス鼻水生産機だから、鼻水が不足している人には分けてあげることができる。4/7
  • わかるよおじさんだから、積極的にわかっていきたい。4/8
  • ビーズの本を探しているのに、プラモデルの本のコーナーに辿り着いたから、仕方なく読んでる。4/8
  • これから良くなるってずーっとずーっと信じてる。信じてる状態が続行中。4/8
  • 上司から弊社の男性社員について思うことはあるかと聞かれたので「今までの会社には、おじさんと若い女の子しかいなくて、若い男の人はどこで働いているのか謎だったのですが、全員ここに居たのか~^^と疑問が解けました。」と話したら笑われた。4/9
  • 私だって本当は盗んだバイクで走り出したいけど、バイクの乗り方分かんないしぃ。4/9
  • チキ南蛮 チキチキ南蛮 4/10
  • 鉄のやかんでお湯を沸かすと鉄分が溶け出て、それが身体に良いなどと言ってご機嫌に使っていたやかんが実はステンレスだったときの衝撃。4/10
  • 正面から歩いてきたおじさんと、お互いの進行方向へと複数回避け合い、結果として反復横飛びが生じた。4/11
  • 許すとか仲直りとか、私には無い観念で、"その件に関しては絶対に許さないしこれからも恨み続けるけれど、他のことについては問題ないので一緒に居ることにした"という感覚しか知らない。4/13
  • セットリストって言葉が思い出せなくて、「あれ教えて。おしながきみたいなやつ。おしながき教えて。」って言ったらセットリストを提示してくれた友人、完全に理解者だ。4/17
  • エチケット袋の緒が切れたぞ。4/22
  • いつか私の生きた時代も昔と呼ばれて歴史の教科書に載る日がくるの?いつの時代の人も言いそうなことを私も言ってみむとて、するなり。4/22
  • 現実を受け入れられないときは寝るに限るけど、寝たら現実(月曜日)を受け入れちゃうし、渡る世間は鬼ヶ島って感じだ。4/24
  • なんという Taro Urashima 状態 4/25
  • ウチら、ネッ友だょ!4/25
  • 今ある幸せ、全部虫の命みたい。4/26
  • 私には"まあまあ普通の家庭環境で育ちそこそこ友達を持っている明るい思考の友人"が、合わなくても一人は必要で、それは私が私の思考や行動に疑問を持ったときに一般的な目で善悪をジャッジしてもらわなければならないからである。そういう意味で、まともな友人は大切なのである。4/27
  • 蝶がサナギから出てきたのでここぞとばかりに話し掛けまくっているけれど、蝶になったからといって返事をしてくださるわけもなく…。4/27
  • タコさんウインナーを作ろうとして、そうはならなかったものを食べてる。みんなシャイだから足を閉じてる。4/28
  • 叫んで逃げ出したくなったことなんて数えきれないほどあったけれど、いつも叫んで逃げ出す自分を想像しながら落ち着いていた。5/5
  • イメージ通りに絵を描けなくなっていることに気がつき、唯一の取り柄だった手先の器用さも誇れなくなって、私には何も無い?と危機を感じたけれど、何も無くても生きていけるし、いっか?って開き直っちゃった。余生は優しいフリでもして、適当に生きよう…5/9
  • 帰ってきたら隣人がデカい声で歌っているのが聞こえてきて、部屋に入ると、なんと壁をボコボコしながら歌っていることが判明して、爆笑しました。5/11
  • HEPから、HEPの象徴みたいな女の子たちが出て来るのを見てる。5/13
  • マングローブも好き好んでこんなところに生えてるわけじゃないらしくて、ただ、海水を体内で捌ける植物がマングローブしか居なかったっぽい。なりゆきで海上に住んでるっぽい。(道端にも生えていたので、オールマイティな植物なのだと思う。好きだ。) 5/14
  • そんな取り繕ったって、下心が診察料にモロに出ているぜ。5/16
  • 春はあけぼの 生はしがらみ 5/16
  • フェスの観客、みんな同じ踊りを始めて、運動会の入場の行進練習風景を思い出していた。"みんなに合わせる精神"みたいなのが当たり前に根付いていて、誰もこの光景に疑問を持たない未来が来たら怖いなと思った。みんな兵隊みたいにきれいに揃ってた。5/17
  • 少年よギネスに載れ 5/20
  • 私にとってどうでもいい多くのことは、そういうのが好きな人に任せておけばいいと思っている。5/25
  • 論点ズレてるのにドヤ顔で屁理屈並べてるの、私に日本語は通じませんよって力説してるみたいで笑ってしまう。5/26
  • 試着室で履いたり脱いだりしてるときに気が付いたんだけど、何も履いてない方がかっこいいのかも。5/29

超新星爆発

降り注ぐ星の五月雨は世界をシェアする知的生命体の涙を映していた。いつか隣でお喋りしていた星が、宇宙の拡大でいつの間にか遠くなる。大声を出しても届かなくなって、二度と触れられない場所へ。いつか遠い未来に、あの星の死のしらせが、か弱い光になって僕のもとへ届くだろう。君は死して僕の空で輝く星座になるだろう。

死ぬまで孤独だろうけど、これからも笑顔でいてください。

ケッコンが決まったんだよね。挨拶回りしてるんだよ今のうちに。嫁さんがそういうの厳しい人だから、これからは会えないかもと思ってさ。最後に少し話したいんだ。家に上がりたいな。上がって良いでしょ。マンションの真ん前にいるんだけど。トリさんが見たいな。トイレを借りていいかな。トイレを借りたら10分で出ていくよ。あっトリさん。カワイー。写真撮っていい?指を突っ込んだら噛まれたよ。ほら見て。ねえ水ちょうだい。いやケッコンはめでたいことなんだけどさ、本当にこれで良いのかなって少し迷う。

 

着替える?着替える。

 

これサイズ間違って買ったやつだけど、どうかな。肩幅合う?うん、ギリいけそうやね。つべこべ言わずにこれで寝な。ズボンどうする?元彼が履いてたスウェットならあるけど。しかし彼ちっちゃいからサイズ合わないかもね。おや、いけるか。小さいけど我慢しな。

 

別れてどんくらい経つの?さー。最近だよ。何年くらい付き合ってたの?知らん。4年くらいじゃないかな。俺、タバコ臭いかな。いやそんなことないよ。それで、何を迷ってるの?マリッジブルーかいな。ウーン、たとえばあそこにエアコンがあるじゃん。うん。リモコン一つでつけたり消されたりするわけ、相手の都合で。必要なときだけなんだ。

似た話をずいぶん前にツイッターに書いたな。話をしにきたというわりに、あまり探りを入れてほしくなさそうに身構えているね、君は。これから破綻しようとしている人間関係に、言及することもないけれど。まあ思いを言葉にするのは面倒だもんね。魂から出た言葉は中途半端な人のやわらかい心を引き裂く。知ってる。君は私に何か伝えにやってきたのではない。知ってた。君は何も話してくれないだろう。私は頷いて、諦めて、エアコンのように君だけのために今を生きた。

 

 

 

実のない話を聞くたびに、空気を読んで私が笑う。大人になったから、しかめっ面はもうしない。そういえば、つまらない話をするなと言ったよね、前にも。何も覚えてないんだ。同じ話を繰り返しているのに、初めて聞いたふうなリアクションを寄越す。昨夜の嘘を、今朝は覚えていない。嘘つきすぎて、誰にどんな嘘を言ったか把握してない。エクセル表にでも、まとめておけばいいのに。君は絶えず飢えていて、魂の器を探してる。誰も特別じゃないのに、誰かの特別になりたいと願ってる。真実なんてつまらない。けど見え透いた嘘はもっと白ける。それなのに、これからもそんなふうに生きていくと思う、君は。大きな壁にぶち当たっても、何か失っても、求めることをやめられない。リモコンを握ったつもりでいるのは、君の方さ。スイッチひとつで思い通りになると信じてる。何度もスイッチを入れて、そのうち手応えがないことに気が付く。

 

気が付いても、笑っていてください。これまで通り嘘をついて生きてください。誰と居ても孤独だと、知ってしまったとしても。これからもそんなふうに生きてほしいと願う、君だけは。

左側上下親不知抜歯レポ

先日親知らずを抜いてきた。左側上下2本。左右は同時に抜けないらしい、麻酔の効きがどうちゃらこうちゃらで。けど片側だけなら一気に2本可能とのことだったので、絶対に良い思い出になると思って、イッキしてきました。良いの基準はよう分からん。

まず麻酔注射を歯茎に打ってもらうでしょ、それで口をゆすぐじゃん。でまた寝かされて、全然麻酔回ってないのに何やら先生「メス。長い方」とか言って助手に鋭利な刃物を持って来させてるの。して私の下側の歯茎にピッピッと切れ目を入れて準備完了って言ったね。でもまあ私はまだ麻酔効いてないので普通に「ウグ」って声漏れたわ。イテーわ普通に。

次に、親知らずと神経が近すぎる位置にないか確認するためにいったん立体レントゲンを撮影してもらうのね。順番逆じゃね。メス後で良かったんじゃね。別室に入ってなんかそんなような機械のそれっぽい皿の上に顎置くじゃん。すると左右両側から壁が迫ってきて頭を挟まれる。このときヤクザの拷問器具のことを彷彿とさせられ心臓どきどき、息ゼエゼエになってた。しまいに両手で下のバーを握らされるじゃん。バーを握るって行為はどうも苦手なんだ。ジェットコースターとか激しい乗り物に付き物でしょ。私は激しい乗り物が苦手なの。頭の中ヤクザ、ジェットコースター、麻酔、メス、ヤクザ、ジェットコースター、麻酔、グリコ、チョコレート、パイナップル。顔面蒼白ホワイトサワー、精神グデングデンのおでん。そんな感じで待機してたら左右の壁の周りの壁(?)がキュイーンと周り出して、なんとなく、恒星っていい身分だなと羨んだりした。地球には月がいるけど私には拷問器具がある。

レントゲン写真では左下の親知らずが真横に生えてて、なんかタイの涅槃仏みたいで尊かったです。

撮影が終わるといよいよ抜歯。また治療室に戻って先生と前のスクリーンで歯のスキャン画像見ていく。口内ならどこの断面でも確認できるのね。ここが神経でこれが歯の根っこですとか説明されたけどどっちも小さな点に見えたのでよく分からなかった。エコーで見るお腹の赤ちゃんも最初はこんな感じなんだろうな。「なんだかかわいいですね」とコメントした。返事はなかった。

イスが後ろにウイーンと倒れて口の周りだけ穴の空いた布をペラっと乗せられ、そういうAVあるよね、デジャヴ。と思った(実際にあるのかは不明、だいたい私の妄想)麻酔が効いてきて、感覚も意識も麻痺して、精神世界に突入した。的なこと言ってみたかったけど。実際は、歯が抜かれるのを嫌がってグギュギュ‼キュウッ…キュウッ‼と泣き叫ぶも、虚しくつまみ出される様子を聴神経で感じていたよ。脳に伝わってたよ、お前の最期の叫び。

さっきまで私の中にいたのに、出てって、もう二度と戻らないんだね。そんなに泣くなよ、寂しいのはお互い様なのさ。

それから厚いガーゼを噛まされて、うがいを二回で止められて、防腐剤みたいな薬を飲んでその日はおしまい。ちなみに今も防腐剤飲んでます。何かが腐ってはならないので。

 

冷夏とのこと

今年は冷夏らしいよ。梅雨が長引くってさ。例年と降雨量は変わらないけど、濃度が薄くて期間が長いらしい。毎日少しずつ降って…そんな感じ。

夏の営業さんが語る。お弁当持参してカウンター席で一人で食べてる私は、背中で聞いている。最後の夏だ。今年が最後じゃなければ次の最後は十年後にやってくるだろう、が。19歳の時も同じこと考えてた。最後の夏だ。21歳の私は存在しないはずだった。たぶん来年も夏を迎えてしまうだろう。

夏が好きだ。けれど今年で終わりだ。それなのに冷夏。夏の意味がない。夏が好きだ私は。日差しが強くて、ハンカチーフのよーにフニャフニャでペラペラの服を着て、汗かいて、ぼんやり遠くを見ている。ときどき熱い風が吹くけれど、なんの慰めにもならない。さらに汗をかく。しかし草木が青々として、空が遠くにある。朦朧とした意識の中で、かつて私にもあった夏休みのことを思い出す。健康だから楽しかったのかな?まあいつもいつでもそんなに賑やかな人生じゃなかった。だいたい一人でいたような気がする。それなのに毎日ときめきがあった。自由じゃなかった。うん。手を伸ばせば届く距離にある自由、穴が開くほど見ていた。それが楽しかったのかな?

自由を手に入れて久しいけれど、毎年夏が来れば、不自由だった夏の日々を思い出す。探さずともそこに自分の居場所が用意されていたことを。

2ヶ月

そしてジャムの蓋が開かずに2ヶ月が経過した。マーマレードジャムだ。必ずしも食パンにジャムを塗って食べなければならないわけではない。だが私は不死身ではない。できる食事の回数は限られている。なるべくすべての食事が納得のいくものになればよいと願っている。だからこそジャムの乗っていない食パンを朝食にすることは憚られる。そう。それで気が付けば2ヶ月、朝食を摂らず、冷凍庫には食パンを2枚眠らせたままにしている。何しろ開かないのでね蓋が。

009です\(^o^)/ジャムの賞味期限、長いからまだまだいける。

 

 最近なめくじを飼っている。好きで飼ってるわけじゃない。スーパーで買った白菜に付いてきた。元いた場所へ帰してこようとラベルを見たら“生産地:茨城県”の記載あり。そりゃ無理ですなと諦めて、部屋で飼うことに決めたんです仕方なく。名前はなめ郎。はじめのうちは2cmくらいしかなかった体長も、2ヶ月経てば倍の4cmになった。単純計算でいくと7月には8cmになり、9月には16cm、11月にはなんと32cmに。小さなフライパンでは、もう焼くことができません。(長すぎて)

特にこれというエサはなく、今のところは夕食に使った野菜の切れ端を与えている。何を与えても文句一つ言わず黙々とよく食べる。日に日に食べる量が増して、急激な成長を感じている。食べると腸が透けて見えるのか、にんじんを食べた日は橙色、ブロッコリーを食べた日は体色が緑色になる。眠っている間は左右どちらか片側の触覚だけを小さく出して、ギュッと縮んで丸くなっている。起きると両側の触覚をアンテナのように張り、タッパの中を這い回り、適度に運動したのち野菜を舐める。ネット記事によるとトマトは毒になるが、それ以外は野菜だけじゃなく肉や魚、虫でも食べるとのこと。グルメなナメクジに育て上げたい気持ちはあるけれど、肉食文化はなるべく避けて通らせたい。まったくわがままな話なのだが、私自身は肉を食べるくせに自分の管理下にある生物には穢れなきフンをしてほしいという願望がある。まあ100歩譲ってなめ郎が肉食を希望した場合には手始めにシーチキンなど与えないこともない。(何歩譲ってもなめ郎がこちらに対し働きかけることはなかろうが)

 

なめ郎のお腹

f:id:nikolog:20190526094303j:image

 

先日29歳になった。よく生きたと思う。夢や趣味、輝くものがひとつでもないなら生きてる意味ないなんて想像力のないこと言う人、この年になっても周りにたくさんいる。知見が狭いんだよね。

意味を決めるのは自分なのだから他人の人生に言及せんでよろしい。あと私は生きてる意味特にないです。なぜか生まれたから、死なないように生きているだけ。何も残さないならせめて、他人に親切でいようとは思います。アデュー。